コンサルタントの「本物」と「偽物」の分かりやすい違いとは?

SWOT分析、KPI監査、採用サイト、事業承継「見える化」コンサルタントの嶋田です。

コンサルタントの本物偽物の分かりやすい違いとは.jpg

どの世界にも「本物」と「偽物 」がいます。

一般的にどんな基準で、「本物 」と「偽物」の区別をするのでしょうか?

「信用できると思ったのにウソ ばっかりだった・・・」

「口車に乗ったら、全くダメな 人だった・・・」

「高い費用を払ったのに、仕事 が支離滅裂で、トラブルだけ残った・・・」

中小企業の経営者の中には、コンサ ルタント業界に多少なりとも 不信感があるのは事実です。

それは過去に、このような仕事をしてきた輩がいるからです。

では、「本物」と「偽物」の違いについて私なりの基準を紹介します。

1,クレームがある事だけで、偽物とは限らない

本来コンサルタントはクレームを起こしてはいけません。

しかし、クレームは意図せず起こる事もあります。

だからと言って、トラブルを 起こしクレームを残したコン サルタントが必ずしも「偽物」 とは限りません。

その原因には、

●クライアントとの行き違いや、 方向性の不一致もあったでしょう。

●契約書、企画書に書かれた内容以外のものを要求されたかもしれません。

●コンサル側はしっかり手順を踏んだのに、先方の勘違いでクレームが起こったかも。

そのクレームを 起こしたコンサルタントにも相応の言い分があるはずです。

コンサルタントとしての「本物 」と「偽物」の違いは、そんな クレームが起こったかどうかでは決まりません。

ただそのクレームの内容や頻度によっては「偽物」と言われるでしょうが。

 

私もそうですが、約40年間 も仕事をやっていて、400社 以上のコンサルティングや研修 、スポット指導をしていると、 正直クレームはそこそこ起こしてきました。

全くクレームを起こさないコン サルタントなんて、いないと思 います。

そんなスーパーマンがいるならあってみたいです。

ただクレームのリカバーができるから、長くこの仕事ができている訳です。

また「コンサルティング能力」 で「本物」と「偽物」の違いを 図る尺度もありますが、それも的を射ていません。

まだ駆け出しのコンサルタント とベテランのコンサルタントは 知識差、経験差があって当然ですから。

経験豊富なコンサルタントが 「本物」で、経験が浅いと「偽物」と言う定義は成り立ちませ ん。

 

 2,コンサルとしての「本物 」か「偽物」かの違い⑴…基本姿勢と使命感

 ではコンサルタントの「本物」 と「偽物」の違いって何でしょ う?

私は先ず一つ目の大事な事は「基本姿勢」との違いだと思っています。

「基本姿勢」でいえば、本業の コンサルタントに全身全霊を 掛けているかどうかが、一つの 基準です。

副業やマージン収入、ダーティ -な金銭授受がある人は、仮に 能力があっても「本物」とは言 えないですね。 

また自分の非を認めない、良い恰好をする為に「ウソをつく」 ような人もやはり偽物です。

この仕事を天職と考え、真摯な姿勢でクライアントに向き合い、日々自分の知識やスキルアップに余念がない方です。

そして、そういう正しい基本姿勢の価値観でコンサルをしている人は総じて「コンサルの仕事が好き」な人です。

だから「コンサルの仕事が好きな人」は自分の仕事に泥を塗るようなことはしません。

 

 2,コンサルとしての「本物 」か「偽物」かの違い⑵…基本動作

コンサルタントの中には、コンサル以前の方もいます。

いわゆるビジネスマナーがない方です。

一般的に「基本動作」と言われるものです。

「基本動作」では、

●時間の約束の 時間を守らない

●やるといった 事をしない

●報告すべきことをしない

●期限やアウトプットを守らない

など も「本物」とは言えないと基本動作です。

実はコンサル業界が経営者から批判される理由の一つが「基本動作を疎かにするビジネスマン」が少なからずいるからです。

逆に言うと、経験は浅くても、能力は いまいちでも、

クライアントの為に東奔西走する姿勢があり、

ウソを つかない、

約束を守る、

報告をする

などの「基本的な」事を大 事にしている人は、確実に「本物」になっていくと思います。

私が過去知っている多くのコン サルタントの中には、基本を守らない為、脱落していった人がたくさんいます。

そしてそんな人に限って「自分は悪くない、悪いのはクライアントだ、上司だ」などと、うそぶきます。

しかし結果として、コンサルタ ントとしても、クライアントとの契約にしても、長期間のお付き合いがないという事が、すべ てを物語っています。

 

3,コンサルとしての「本物 」か「偽物」かの違い⑶…継続性

 これまでコンサルファーム時代の15年間、起業後の25年間で、いろいろなコンサルを見てきました。数にして200名以上。

どんなに立派な事を言っても「基本姿勢」と「基本動作」ができていないコンサルはその内自滅します。

しかし、「基本姿勢」も「基本動作」も普通に良いコンサルでもそれだけでは「本物」とは言いにくい。何故ならそれは当たり前だから。

それで私が思う本物か基準は「クライアントとの継続性」があります。

基本姿勢も基本動作の是非もスキルやノウハウ、そのすべて是非が「クライアントとの継続性」に現れます。

税理士の税務顧問なら数十年のお付き合いは普通でしょう。

しかしコンサルタントが数十年単位の「長期経営顧問」または「継続収入」を得るという事は、「本物」でなければ無理です。

しかも、税務顧問料のような数万円ではなく、10万円以上を10年、20年と頂き続ける事がその証明です。

私自身そこを常に意識して、20年以上経営顧問が3社、10年以上経営顧問が3社、他もお付き合いする最低でも5年は続きます。

私が主宰するコンサル技術を学ぶ「RE嶋田塾」では、「長期経営顧問」になる為の技術や考え方、テンプレを公開しています。

有料MAS業務と長期経営顧問に直結する
「KPI監査士検定」「RE嶋田塾」無料オンライン説明会を随時開催中

この説明を聞くと「長期経営顧問の秘密」と「業績改善指導ノウハウ」のポイント分かります。

https://store.re-keiei.com/pages/kpi-free-seminor

 

私が35年間連続で継続収入3000万円以上を維持している考え方を「RE経営の経営協力・コンサルティング50の指針」として公開しています。

ご参考に。

https://www.re-keiei.com/about/policy.html

 

 

 

 

こちらのページもいかがですか?

無料電子書籍ダウンロード

「これを無料で渡すんですか?」と同業のコンサルタントがビックリしたマニュアルをご提供!各種コンサルティングマニュアルを揃えております。

コンサルティング現場実例ノウハウ

「こんな実例ノウハウを、こんな価格で売るって正気ですか?」と仲間のコンサルタントがあきれた「コンサルティング現場で活用した実例ノウハウ」があります。クライアントとの面談や会議で、また研修時に「見せるツール」しかも記入実例付きのリアルテンプレートを豊富に掲載。