自分のUSPが分からない。そんな時の20の自問自答の仕方とは?

SWOT分析、事業再構築、経営承継可視化コンサルタントの嶋田です。

 自分のUSPが分からないそんな時の自問自答の仕方とは.jpg

弊社のコンサルティング事例と技術のサブスク塾「RE嶋田塾」の会員さんの中には

「USPやとんがりが大事なことは分かるが、自分のUSPは何をすべきか焦点が定まらない」

「いろいろな事に手を出しているが、器用貧乏で、これが一番というものがない」

そんな課題が抱えているコンサルタントや士業の方は少なからずいます。

我々の業界でUSPを見出すにはどうしたら良いのでしょうか?

今回はUSPにつなげる20の質問と、そもそもコンサルタントのUSPとはどういうものか体系図を使って紹介します。

この質問に沿って私自身も「コンサルタントのメンター」を行い、USPづくりを支援しています。

1、USPが決まらない人は、「want to」より「must」で選ぶから

USPは「独自のウリ」だが、ここで多くの人がUSPを絞れない原因があります。それは

「want to」より「must」で考えるからです。

「やりたい」ではなく、「やらねば」で考えると、心が続かないのです。

「これから〇〇に分野が伸びるから、その分野をUSPにしよう」

「〇〇市場のニーズが高いから、その分野を勉強しよう」

気持ちは分かりますが、そういう市場には既に先駆者がいて、また伸びる市場なら誰でもそこに向かう訳で、確実にレッドオーシャン市場になります。

それでは後発者がUSPにする意味がありません。

「鶏口となるも牛後となるなかれ」

の言葉通り、競合が多い分野ではなく、小さな分野で「want to」のUSPを探すべきです。

また、「want to」なら、好きな分野だから自然に深堀りも事例収集もしたくなるはずです。

従って「USPとは、好きこそものの上手なれ」なんです。

 

2、USPは結構小さい所にある

USPは的が絞られることです。

例えば「飲食業に強いコンサルタント」をUSPにしたいとします。

一体、「飲食業に強いコンサルタント」は国内にどれだけいるのでしょう。

恐らく数千とか数万レベルです。

だって私だって「飲食業の見える化コンサルティング」は強いし、事例も結構あります。

だから、飲食業を更に絞り込まなければなりません。

唯一市場になるまで、小さくします。

後日、コンサルタントのUSPを決める際の深堀りの仕方が分かるロジックツリーをご紹介しましょう。

今回はフレームだけ紹介します。

 

221031_コンサルUSP体系図フレーム.jpg

 

多くのUSPが見つからないコンサルタントは、「分野」だけで勝負しようとしているので。

最後のUSPはこんな細かいのです。

 

3、USPは育てるもので、偶然手に入るものではない

USPを決めたからといって、世間が即認知してくれるものではありません。

USPを認知してもらう為の「継続的な行動」が求められます。

●ブログを書き続ける

●メルマガを送り続ける

●SNSに投稿し続ける

●YouTubeに、tiktokに上げ続ける

●電子書籍を出し続ける

●ミニセミナーを打ち続ける

●USPに沿った出版を数冊出す

こんな地道な活動を数年続けて、初めて「その分野のスペシャリスト」として認知されるのです。

 

4、USPを引き出す20のヒント⑴

先ず、10項目の「自分のUSPを引き出す「強み」ヒント」です。

この「強みヒント」は、転職をする際「自分の強みをどう説明するか」という観点から、「パーソナルSWOT分析用」で作成しました。

これを参考にコンサルタント・士業のUSP発見につなげればと思います。

221031_強み発見20ヒント1.jpg

5、USPを引く出す20のヒント⑵

11から20項目です。

221031_強み発見20ヒント2.jpg

 

もし、自分自身のUSPが決まらず、セルフブランディングができていないコンサルタント・士業の方

「RE嶋田塾」で学習する11のコンサルティング技術と実例テンプレ、コンサルタント事務所運営ノウハウは、あなたにUSPの大きなヒントと具体例を提供できます。

詳しくはこちらから

https://store.re-keiei.com/pages/re-shimada-course

 

 

こちらのページもいかがですか?

無料電子書籍ダウンロード

「これを無料で渡すんですか?」と同業のコンサルタントがビックリしたマニュアルをご提供!各種コンサルティングマニュアルを揃えております。

コンサルティング現場実例ノウハウ

「こんな実例ノウハウを、こんな価格で売るって正気ですか?」と仲間のコンサルタントがあきれた「コンサルティング現場で活用した実例ノウハウ」があります。クライアントとの面談や会議で、また研修時に「見せるツール」しかも記入実例付きのリアルテンプレートを豊富に掲載。