10月の「RE嶋田塾」は経営会議指導継続ノウハウとファシリテーション技術

SWOT分析、事業再構築、経営承継可視化コンサルタントの嶋田です。

10月のRE嶋田塾は経営会議指導継続ノウハウとファシリテーション技術.jpg

さて、10月12日(火)19:00~22:00の「10月度RE嶋田塾では、

第1部 「経営顧問契約・経営会議・研修企画商品コンサル」

第2部 「会議研修でファシリテーション技術を使う」

です。

その詳細内容を紹介します。

第1部  経営顧問契約・経営会議・研修企画商品コンサル」

多くのコンサルタントや会計事務所のMAS担当者は「経営顧問」「経営会議」の継続指導を狙っていると思います。

しかし、なかなか「続かない」「ネタ切れ」などで安定顧客の維持が難しいと思う方も多いようです。

そこで、今回は

  • 経営顧問契約までもっていく「無料コンサルティング」からの段階的プロセス
  • 単発指導から継続契約(1年以上)に納得してもらう「見せるコンサル」「モニタリングへの誘導」
  • 経営会議・継続指導が途中解約の予兆と防止対策
  • 経営会議でのファシリテーション技術などの事例を解説

この内容で「継続する経営会議」「長期経営顧問」のノウハウを解説します。

また、「独自研修商品の開発の仕方」「受注提案の仕方」もここでノウハウや段取りを紹介します。

商品として「研修パッケージ」を持つことは、「経営顧問」になる前にスポット商品として重要なミドルエンド商品であり、収入確保の手段でもあります。

 

第2部 「会議研修でファシリテーション技術を使う」

このファシリテーション技術を使うと多人数での会議運営、研修の内容が濃くなり、成果も出易くなります。

ファシリテーション技術とは、会議研修の参加者全員が参画でき、合意形成がスムーズにいく手段として、多くのシチュエーションで活用されています。

ここでは

●ファシリテーション技術(合意形成)の基本理論の理解

●「企業内での会議ファシリテーション研修」という商品でファシリテーション技術を教えるテキストと研修のすすめ方

多人数の会議研修で、発言する人は一部で、後は意見を言わない場面を経験した方も多いでしょう。

しかし、ファシリテーション技術を使えば、仮に10人いても30人いても、全員参加型が可能になるのです。

一体どんなテクニックを使っているのでしょうか。

その裏ノウハウを公開します。

 

3,10月から「スポットRE嶋田塾」で参加可能

10月から1回だけの受講が可能な「スポットRE嶋田塾」を始めます

サブスク塾の「RE嶋田塾」での受講より割高ですが、1回だけ、このテーマだけなどでスポット受講を望まれる方には最適です。

詳しくはこちらから

https://store.re-keiei.com/products/spot-re-cource-202210

220916_10月12日スポットRE嶋田塾LPQR.png

 

こちらのページもいかがですか?

無料電子書籍ダウンロード

「これを無料で渡すんですか?」と同業のコンサルタントがビックリしたマニュアルをご提供!各種コンサルティングマニュアルを揃えております。

コンサルティング現場実例ノウハウ

「こんな実例ノウハウを、こんな価格で売るって正気ですか?」と仲間のコンサルタントがあきれた「コンサルティング現場で活用した実例ノウハウ」があります。クライアントとの面談や会議で、また研修時に「見せるツール」しかも記入実例付きのリアルテンプレートを豊富に掲載。