「強み分析」はヒントの出し方次第で、隠れていた「強み」が引き出せる

SWOT分析、事業再構築、経営承継可視化コンサルタントの嶋田です。

 強み分析はヒントの出し方次第で隠れていた強みが引き出せる.jpg

SWOT分析で大事なことは「今ある強みをどこまで、具体的に引き出し、横展開の具体策を導くか」です。

表面的な「強み」をいくら聞いても、ビジネスモデル改革につながる経営戦略までたどり着けません

そこでSWOT分析現場で、いろいろ聞き出せ、引き出せるコンサルタントはどんな「強みヒアリング」をしているのか?

具体的なヒントの使い方次第で、相手の答えも変わってきます。

ここで大事なことは、ヒントを言って相手が回答したら、そこで終わらずその後「誰が」「何故」「何が」などをもっと再質問をして引き出すことです。

では最新のシートをご紹介します。

1、顧客資産を聞き出す

220704_顧客資産の強み.jpg

2、商材資産を聞き出す

220705_商材資産の強み.jpg

3、技術、人材資産を聞き出す

220704_技術人材資産の強み.jpg

4、設備、機能資産を聞き出す

220704_設備機能資産の強み.jpg

5、外部が買いたいと思う魅力資産を聞き出す

220705_外部が買いたい魅力資産の強み.jpg

6、外部から提携コラボニーズ資産を聞き出す

220704_外部が提携したい魅力資産の強み.jpg

 

使い方については、7月9日㈯のzoomでSWOT分析ロープレでも詳しく解説する予定です。

SWOT分析技術の「模擬訓練」を受けたい方、是非7月9日㈯のzoomでSWOT分析ロープレをご活用ください。

https://store.re-keiei.com/pages/zoom-swot-basic-ver

こちらのページもいかがですか?

無料電子書籍ダウンロード

「これを無料で渡すんですか?」と同業のコンサルタントがビックリしたマニュアルをご提供!各種コンサルティングマニュアルを揃えております。

コンサルティング現場実例ノウハウ

「こんな実例ノウハウを、こんな価格で売るって正気ですか?」と仲間のコンサルタントがあきれた「コンサルティング現場で活用した実例ノウハウ」があります。クライアントとの面談や会議で、また研修時に「見せるツール」しかも記入実例付きのリアルテンプレートを豊富に掲載。