• 0120-577-797

 ステップ毎に、経営者及び取締役と協議を重ね、ビジョン作成を図る。単なる『思いつき』や『場当たり』で企業の将来像を決めるのではなく、納得のいく理論展開を重視し、特に『もしも』の対策には、抜かりなく行う。

第1ステップ

将来の経営環境分析

  1. 予想される業界地図の変化
  2. 予想されるマーケティング動向の変化
  3. 予想される行政動向の変化
  4. 予想される市場ニーズ・消費者ニーズの変化
  5. SWOT分析「機会」「脅威」分析

 

第2ステップ

自社の経営力分析

  1. SWOT分析「強み」「弱み」
  2. 財務基盤と投資限界点分析
  3. 経営者の意思力分析
  4. 人材力、将来基盤人材の可能性分析
  5. 対外的人材力、ネットワーク分析 

 

第3ステップ

ビジョンキーワードとビジョン各要素の仮決定

  1. SWOTクロス分析で「積極戦略」「致命傷回避・撤退縮小戦略」
  2. SWOTクロス分析で「改善戦略」「差別化戦略」
  3. 商品開発・改良・充実・徹底政策
  4. 顧客チャネル・ルート開拓徹底政策
  5. 価格政策
  6. 拠点進出・統合・撤退政策
  7. 事業進出・撤退政策
  8. 組織改革政策
  9. 金融(資本・財務)政策 

 

第4ステップ

仮決定ビジョンのリスクと実現性分析

  1.  ビジョンに向けた動きの結果の『リスク分析』
  2. 予想される『悪夢のシナリオ』
  3. リスクに対する打つべき手整理
  4. 投資ストップ基準・撤退基準の整理
  5. ビジョン挫折の場合の、リスクヘッジ整理

 

第5ステップ

中期ビジョンの確定と年度計画書作成

  1. 市場戦略
  2. 商品戦略
  3. 顧客戦略
  4. ポジショニング
  5. ブランディング戦略
  6. 中期事業収支計画 

 

第6ステップ

中期行動計画(ロードマップ)作成

  1.  各種戦略を実行に移す為の、年度ごと行動計画
  2. 初年度、2年目までは四半期単位でプロセス計画

 

コンサルティング

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012