• 0120-577-797

私がSWOT分析をUSPにした経緯

コンサルタントやプロにとって「自分のブランディング」や

「USP(独自のウリ)」は大変重要です。

これはいわゆる「ポジショニング」と呼ばれる、

「この分野のあなたならではの理由」

「〃あなたが他の誰かと違う理由」

これらが明確になれば、後はそれに沿って粛々と、「ブラン

ディング戦略」を立て、継続していくだけです。

但し、「ブランディング」は、今日決めたから明日から認知

されるような事ではありません。

正しく言えば「決めたUSPを継続的に、多面的に育んでいく」

というものです。

私の場合、「SWOT分析」と「経営承継可視化」をUSPに

しています。

今回は「SWOT分析」をUSPにした背景をご紹介しましょう。

1、SWOT分析との出会い

SWOT分析をコンサルティング使いだして、かれこれ20年近く

になります。

もともとこんなメソッドはあるという事は知っていましたが、

BSC(バランススコアカード)を進める為の最初の「戦略立案

ツール」という認識で、3C、4P、5force、PPMなどの他の

ツールの一つだと思っていました。

ある時、クライアントがBSCを導入しているが、上手くいかず

相談されました。

そこで、改めてBSCの勉強を深掘りしてみようと何冊かの本を

読み漁りました。

すると、戦略マップ、KFS、KPIというフレームの中で一番先に

くる「SWOT分析」が適当だったら、後の戦略マップもKFS、KPI

も形式倒れになると、実感しました。

そしてこのSWOT分析手法は、面白いと感じました。

2、中小企業SWOT分析の参考書がない

ところが、当時のSWOT分析の参考例は、経営学者やコンサルタント

が書いた「大企業の後追いSWOT分析事例」が中心でした。

「大手A社が今の経営戦略を実施している背景は、こんな機会とこんな

強みから生まれた・・・。」

自分が知りたいのは、中小企業が経営戦略を導きだす時、どんな「機会」

を掘り下げるのか、どんなことが「強み」と言えるのか、その掛け合わせ

である「積極戦略」って、どう展開するのか、というノウハウです。

しかし、残念ながら私が求めるノウハウはあまりありませんでした。

3、最初は失敗ばかりのSWOT分析

SWOT分析メソッドは有効という気持ちはあったので、参考例がない中

で、まず実践してみようと、当時に経営顧問企業で練習がてら、協力を

貰って経験しました。

当然、ノウハウがないから上手くいきません。

抽象的な「機会」、よい点ばかり列挙された「強み」

掛け合わせの「積極戦略」も概念論ばかり。

経営顧問先の経営者からは、

「何かいまいち、しっくりこないやり方ですね」

とやんわり否定された事もあります。

暗中模索とはこの事で、その後の何件かの「経営SWOT分析」をしました。

でもあまりぱっとしない。

「この手法は中小企業のは不向きかな」と思いだし始めまた。

4、事業部SWOT分析をした時、変化が

経営SWOT分析は、会社全体の経営戦略を決める訳ですが、いろいろな

部門や商品、顧客チャネルがあると、曖昧なSWOT分析になりがちです。

そこで、ある複数の事業を経営している顧問先企業で、「A事業部だけの

SWOT分析」をトライしました。

目的は、その事業部のビジョンや戦略の絞り込みが課題だったからです。

すると、その日のSWOT分析はこれまでと全く違ってました。

それはA事業部に特化してるので、出てくる文言が固有名詞ばかり。

私自身も分からない専門用語がバンバン出てきます。

私も分からないまま、それをPCに入力していきます。まだプロジェクター

投影がなかったので、先方の社員に模造紙で書かせていました。

それで出来上がった「積極戦略」に事業部に責任者も経営者も大変満足して

頂きました。

 

5、SWOT分析は固有表現に絞れば絞るほど、効果的

私の「SWOT分析スキル検定」を受講している方はご存知だと思いますが、

相当な固有名詞にまで「機会」「強み」も「積極戦略」も落とし込みます。

それがクライアントが納得する理由だからです。

検定のロープレでも、ロープレ時に固有名詞への落とし込みで苦労されている

受講生がいます。

しかし、心配ご無用。

何回もロープレを経験すれば、固有名詞への落とし込みができるようになり

ます。

固有名詞はコンサルタントに専門知識なんかなくても結構です。

相手が言っている言葉を素直に文字化すればいいだけです。

 

7月25日、26日に「第2期SWOT分析スキル検定中級講座」(認定SWOT分析

コンサルタント養成講座)が開催されます。

「SWOT分析を使いこなすプロ向け」の検定ですが、このスキルを自分のUSP

にしたい方は受講をお勧めします

私が直接指導します。

詳しくはこちら

【SWOT分析スキル検定 中級講座】(認定SWOT分析コンサルタント養成講座)開催要項

 

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

アーカイブ

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012