• 0120-577-797

目的が曖昧なSWOT分析は議論が漂流する?

実際のSWOT分析をしていく時、

「このSWOT分析の目的は何だったかな?」

と分からなくなることがあります。

曖昧な目的で「SWOT分析を使って差別化・独自化の戦略を作ろう」

と勇んで行っても、途中でゴールが見えず漂流してしまうことがあります。

では、SWOT分析をする前にどんな目的を決めるべきでしょうか?

 

1、将来戦略や独自化戦略の為

一番オーソドックスな目的です。

自社のUSP(ユニークセリングプロポジション)=独自のウリを明確にするためです。

自社が今後、どんなポジショニングで事業を行うか、その為の選択と集中を決めます。

 

2、経営計画作成時の差額対策の商材づくりの為

例えば、現状の業績ベースでは売上が5億円しか見込めない。

しかし借入返済をする為にはどうしても6億円の売上が必要だとします。

すると、SWOT分析の積極戦略や改善戦略などで、具体的な商品対策や顧客対策とだいたいの価格や受注予定を決めて、一つ一つ積み上げながら、差額1億円を埋めていきます。

 

3、商品開発・改良のコンセプト作成の為

SWOT分析の機会と強み、それから派生する積極戦略を、商品開発の為に使う場合があります。

該当商品や方向性に関連する「機会」やそこに使える経営資源である「強み」を掛け合わせた「積極戦略」で、商品コンセプトや開発改良のキーポイント、またはマーケティング戦略やセールスプロモーションまで議論する場合があります。

 

4、新規事業の可否判断の為

これから参入を検討している新規事業は、外部環境の「機会」は追い風なのか、またその新規事業は自社の経営資源である「強み」は何が活かせそうか、そしてその掛け合わせで、どんな対策ならいけそうかという「積極戦略」を決めます。

あまり勝てそうなイメージが沸かないなら、「SWOT分析」の結果、参入断念の判断の根拠になります。

 

5、経営者の頭の整理の為

経営戦略としていろいろやりたいことが頭をめぐっている場合、「何に集中した経営戦略」をとるべきか、何から優先的に取り組むべきか、【経営者の頭と心の整理】の為に、SWOT分析が使われる事があります。

特に経営資源が限られている中小企業では、「多方面戦略」こそ、ムダ骨や徒労に終わり、成果どころから逆に経営にマイナス影響になることがあります。

だから「経営者の頭の整理」としての「SWOT分析」は有効なんですね。

 

6、マーケティング戦略の為

もともとSWOT分析はマーケティング戦略立案のツールとして普及してきました。

どんな顧客ニーズに、どんな売り方で、どん展開する事で、売りたい商品の拡販ができるかを考えます。

 

このように、目的を明確にして取り組むSWOT分析なら、ゴールが決まっているので議論もぶれずにできますが、目的が曖昧だとダラダラしたSWOT分析のなる可能性があるので、要注意です。

 

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

アーカイブ

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012