• 0120-577-797

SWOT分析スキルはロープレ経験に比例する

「SWOT分析スキル検定」を初めて、100数十人の受講者と触れ合っています。

実際に「SWOT分析」をコンサルティングや指導現場で使っている人もいますが、

参加者の多くは「知識はあっても未経験」方々です。

受講者に「何が難しいですか?」と聞くと、

異口同音

「どう聞きだせばいいか、分からない」

「ついつい自分の意見を指導してしまう」

「議論にならない」  等々

と言われます。

そこで、

「どうすれば、SWOT分析スキルアップができると思いますか?」

と聞くと、

「場数ですね」と。

その場数を経験する為にも、最初の一歩が必要です。

それが「ロールプレイング」です。

1、ロールプレイングの基本は「見える化」から

ロープレは「社長役」「コンサルタント役」「オブザーバー」に分かれます。

社長役は実際のお付き合いがある経営者の立場になって、コンサルタント役の質問に答えていくパターンです。

オブザーバーはロープレ後の振り返りで「あれはこうすべきだった」とか「あの質問はよかった」などと

第3者としてアドバイスをする立場です。

SWOT分析のロープレは、「機会」「強み」を聞きだし、その後その掛け合わせの「積極戦略」を導きだします。

ここで、多くの方が誤解していることがあります。

それは実践現場でもそうですが、

「議論の空中戦」に終始していることです。

何を書き、どう表現しているかを「社長役」に見せずに、「コンサルタント役」が勝手にメモしても、議論の深みができません。

そこで、私たちがロープレ研修で行っているのは、

「モニターやプロジェクターを用意し、SWOT分析シート(Excel)にヒアリングしながら、相手(社長役)に見せなが、文字を入力する」パターンです。

そうしないと、「社長役」は「今、なにを聞かれ、なにをじっくり検討すべきか」分からず、議論があっちこっちに飛び火して収拾がつかなくなります。

2、複数の相手とSWOT分析のロープレをする場合

これは会議形式や研修形式で行う「SWOT分析検討会」をイメージしてください。

コンサルタント役がコーディネーターとして、ヒアリングや議事進行します。

ここでも個人面談で行うSWOT分析同様、モニターやプロジェクターのPCをつないで、「文字を見せながら」検討を進めます。

複数の相手(MAX10名まで)との会議形式でSWOT分析をする時のポイントは、たった1つです。

それは

「ファシリテーション技術」を使うことです。

すなわち、「合意形成型」ですすめることです。

そうしないと、意見を言わない、議論が盛り上がらない検討会になっては白けてしまうし、せっかく決定した戦略も温度差が出てくると、成果も出しにくくなります。

 

3、ファシリテーション技術を使ったSWOT分析検討会

ファシリテーション技術の基本は、全員参加で「自分も意思決定に参画した」という事実が大事です。

私が行っている「ファシリテーション技術」は

全ての議論で、

①個人で書く

②ペア。3人で話し、統合意見を整理する

③全体で発表し、まとめる

の順番を維持する事です。

「機会」検討も、「強み」も「積極戦略」の検討時も同様です。

コンサルタント役は全体発表での内容を聴きながら、PCに文字入力し、モニターやプロジェクターで見せながら進める訳です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

SWOT分析の実践現場を想定した「1日ロールプレイング公開研修」のご案内

「SWOT分析の知識はあり、SWOT分析を使いこなしたいが、現場で指導できるか不安だ」

という方は結構多いですね。

そこで、丸一日かけて「SWOT分析のヒアリング経験や書きだし・文字化経験」をロールプレイングで行う研修を開催します。

日時は2019年1月22日㈫ 10:00から18:00

場所は 東京都千代田区神田錦町 ちよだプラットフォームスクエア

講師は、私㈱RE-経営 嶋田と㈱しのざき総研社長 篠崎啓嗣氏

詳細は

下記をご覧ください。

【SWOT分析コーチングメソッドロープレ1日研修】の詳細

 

 

 

 

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

アーカイブ

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012