• 0120-577-797

コンサルタント自身のSWOT分析の仕方

当社が主催している「SWOT分析スキル検定」には、多くのコンサルタントの方が受講されます。

受講生の多くは

「自分のスキルアップ」

「コンサルティングアイテムのバリューアップ」

「生産性アップ」

を目指して、参加されます。

中には「これからの自分のブランディングをSWOT分析メソッド」に置きたいと感想を書かれる方も

います。

これは大いに結構な事です。

しかし、そんな方は少数派で、多くの受講生は「クライアントの為」にSWOT分析を学びたい訳です。

 

1、コンサルタント自身のUSPを出す為のSWOT分析

しかし、SWOT分析はクライアントの為だけでなく、コンサルタント自身の為に使うべきメソッド

です。

コンサルタントが、「どの地域で、どの分野でどんなターゲットに対し、どんなニーズに、どんな

メソッドで、どんな効果を出すか」を導くには、コンサルタントが自身の「自分SWOT分析」が

先ず先ではないでしょうか?

もし、コンサルタントであるあなたが、ある見込み客経営者から、

「先生は、何が『強み』ですか?この地域で一番のノウハウって何ですか?」

と質問されたら、何と答えるでしょうか?

USP(ユニークセリングプロポジション)とは「独自のウリ」という意味です。

「この地域であなたでなければならない理由」それがUSP。

だったら、SWOT分析の「機会分析」と「強み分析」から「積極戦略」を導きだし、育てていく

USPを作ることをお勧めします。

 

2、コンサルタントのSWOT分析の順番はまず「強み」から

一般のSWOT分析では「機会」からの検討を推奨しています。

コンサルタントの「機会」も、今後の可能性や成長しそうなニッチニーズを探し出します。

しかし、闇雲に広く「機会」を探しても意味がありません。

そこで、コンサルタントの場合は「強み」から入るケースがあります。

何故なら、「強み」の多くは過去の経験に起因するからです。

では「強み分析」で自身に問うてほしい項目は?

①過去の職歴で、長い経験がある作業名とそこで何が秀でていると思うか?

②持っている経験、ノウハウはどの業界、どんなクライアントの属性やニーズに役立ちそうか?

③職歴や経験がない場合、どんな技能・スキル・習慣がクライアントにとっての「強み」といえるか?

④知り合いや友人から「君のこれがすごいね」よく褒められる事で、ビジネスに使えそうな事は何か?

⑤興味がある事で、それに関連する書籍、セミナーなどを積極的に学んでいるものは何か?

⑥コンサルタントを目指そうとしたきっかけになったのは、何か?

⑦その他、自分では強みとは思ってないが、他人から指摘された強みは何か?

この7つを冷静に固有名詞を出して、箇条書きにします。

3、この「強み」が使えそうな「機会分析」の仕方

「強み」が見えたら、その「強み」が活かせそうな業界、ビジネスにおいてどんなニッチ市場があるか

をチェックします。

「機会分析」のポイントは

①経験のある職種の今のニッチニーズは何か

②自分のスキル・ノウハウが活かせる業種・クライアント属性のニーズはどこか

③自分が興味あるビジネス分野・業種業態で、今後ニーズが増える分野は何か

④自分のスキル・経験・ノウハウは、どんなクライアントのどんな困り事に活かせそうか

⑤自分のスキル・経験・ノウハウを特定業界、特定分野で出版しようとしたら、どんな絞り込みをするか?

この「機会分析」は、あなた自身の「強み」から、ある程度フォーカスした内容にします。

4、「積極戦略」からUSP立案

「強み」×「機会」からいくつかの「積極戦略」を導き出しましょう。

「積極戦略」は超具体的な固有名詞で書かれます。

それは先述の

「どの地域で、どの分野でどんなターゲットに対し、どんなニーズに、どんな

メソッドで、どんな効果を出すか」

を表現してください。

この中身がそのままUSPになり、それを育てる為にブランディングを考えていきます。

 

コンサルタントはクライアントに「SWOT分析」を指導する前に、自身のSWOT分析で、自身の

USPを立てて、自信をもって指導に生かすべきだと思います。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『SWOT分析スキル検定 初級講座』では、『自分SWOT分析』のワーク時間があります。

しかも、そのSWOT分析【機会・強み・積極戦略】は、提出して頂いた方に限り、無料で私嶋田がその後

添削してお返しします。

第1期もこの添削結果に大変喜ばれた受講者がかなりいらっしゃいました。

この「SWOT分析スキル検定」で学ぶ一番のポイントは、「固有名詞の表現の仕方」だと言っても過言では

ありません。

受講者の「自分SWOT分析」も、どこか総花的な表現が多く、「超具体的な固有名詞」の意味合いを添削して

返すと、お礼のメールには

●「指摘されて反省した。自分の表現が抽象的だった」

●「固有名詞の意味が分かった」

●「自分SWOT分析が抽象的だったら、クライアント先での指導も抽象的になると反省した」 等々

が送られてきました。

また、感想文でも「自分の進むべき方向性が見えた」という方が10名近くいたのも、SWOT分析スキルと

言うメソッドだけの学習ではないことを物語っています。

この「SWOT分析スキル検定初級講座」で、あなた自身のUSPが見える可能性があります。

是非あなたもご参加ください。

今回の第1次締め切りは2018年8月31日までです。

詳しくはこちらまで

【第2期 SWOT分析スキル検定 初級講座】

 

 

アーカイブ

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012