• 0120-577-797

ネガティブSWOT分析に立ち向かう

できれば大声で、「SWOT分析は独自戦略を導き出す万能のツール」だと叫びたい。

しかし、現実は万能ではない。

場合によっては、全く機能しないSWOT分析もあるわけです。

それが「ネガティブSWOT分析」なってしまうケースです。

1、ネガティブSWOT分析の傾向

ネガティブSWOT分析は、とにかく「否定的な意見や考えがまん延した状態」です。

それがわかるのが「機会分析」と「強み分析」です。

とにかく出てこないだけでなく、

「できない理由」

「ダメな理由」

「やっても無駄な理由」

をとことん理路整然と言ってきます。

「脅威」「弱み」を言わせたら、コーディネーターなど必要がないほど、とうとうとまくし立て、

「いかにわが社がダメか」

「いかにこの業界がダメか」

「どんなことをしても、ムダな努力」等々

を言い続けてしまいます。

2、ネガティブSWOT分析では「ニッチ市場」さえ否定される

「機会分析」では「ニッチ」を探して、そこに少しでも使える「強み」を掛け合わせるのが

「積極戦略」の定石です。

競合激しいレッドオーシャン市場を回避して、ブルーオーシャン戦略を何とか導きたくて

「機会分析」はニッチでの可能性をいろいろな観点からヒントを出して、議論します。

しかし、

●ニッチといっても、既に競合があり、後発の自社が狙ってNO1にはなれない

●ニッチは市場規模が小さいので、売上貢献があまりに小さい

●仮に「ニッチ」を見つけても、自社の経営資源「強み」が活かせないから、攻められない

こうやって、「ニッチ」に対する考え方も否定されてしまいます。

 

3、ネガティブSWOT分析の突破口①・・・「if話法」

せっかく前向きな議論をしようと「SWOT分析」をしているのに、始まって早々から「ネガティブ」が

まん延しているSWOT分析現場には、打つべき手がないような感じがして、

「しまった、今回のSWOT分析は失敗だった」

と、コンサルタント自身に、中盤位から「諦めモード」になることがあります。

そんな時、「ネガティブSWOT分析」を打開する方法はないのでしょうか?

私が実践しているテクニックは、タラレバヒントを使って「ニッチ」や可能性を聞き出す時のトークです。

「このニッチやヒント通りは難しいということは分かりました。そこで、仮の話です。

仮に、その〇〇をするとしたら、どうすればそのニッチや戦略が攻められそうですか?今の課題を置いといて

で結構です」

これを「if話法」と呼んでいます。できない前提で議論を進めず、「仮に」「万が一するとしたら」を聴くことで

議論の突破口を探す手法です。

 

4、ネガティブSWOT分析の突破口②・・「メモ書き⇒ペア議論⇒全体討議」

これは5名以上のSWOT分析でネガティブSWOT分析を打破する手法です。

いわゆるファシリテーション技術を使ったものです。

議論が暗礁に乗り上げ、頭の中が真っ白になっている状態では、時間の浪費です。

そこで2つのタラレバヒントを選択して、

「皆さん、まず可能性を自分なりに1つ書いてください。5分でお願いします」と

個人で書かせる。

その後

「隣の方と協議してペアとしての意見を決めてください。5分でお願いします」

そして

「では、各ペアの選択した意見を発表してください。」

といって、それを再度、PCのフォームに入力していきます。

当然、モニターやプロジェクター投影しながらですが。

 

5、ネガティブSWOT分析の突破口③・・「昔の失敗を引き出す」

「昔、そんなことをして上手くいかなかった。そんなのムリだよ」

これも何十回聞いたか分からないネガティブWordです。

そこでひるんではいけません。

以前の失敗には原因があったはずです。

その原因や環境が違えば、それは立派な対策になります。

仮に、以前と社内要因(人材資源や資金、顧客層など)が変わってなくても、外部環境は変化している

可能性があります。

「昔の失敗」に、今できる対策を添えて「積極戦略」に仕上げていくことです。

昔挑戦しているなら、その対策に関する知見があるわけだから、議論も具体的になります。

 

「ネガティブSWOT分析」は、私の経験から言えば、零細企業では30%くらいありそうですね。

(もっとあると思っている方も多いでしょうけど)

SWOT分析スキルを上げていくには、こういうネガティブSWOT分析と出くわしても、粛々と推進できる

マインドセットを持ちたいものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

SWOT分析知識だけで、「SWOT分析の指導やコンサルティング」はできません。

必要なのは、「SWOT分析検討会の運営技術」です。

「SWOT分析スキル検定初級講座」の受講者の多くが、「SWOT分析検討会の運営技術が不足」している

と思っています。

だから、「SWOT分析スキル検定初級講座」では、知識だけでなく、ロープレと今回書いたような裏テクニックを

詳細に講義しています。

「第2期 SWOT分析スキル検定初級講座」の募集が始まっています。

是非、あなたも現場で使える「SWOT分析スキル」を習得しませんか?

詳しくは下記をご覧ください。

【第2期 SWOT分析スキル検定初級講座】開催要項

アーカイブ

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012