• 0120-577-797

SWOT分析の答えは1つではない?

多くのSWOT分析をしてきて思うことは

「SWOT分析の答えは1つではない」

ということです。

企業が経営戦略を整理する為に、優先順位を決める為に「SWOT分析」をします。

我々コンサルタントはそれをサポートする訳です。

ところが、SWOT分析から生まれた「積極戦略」や優先順位は、いろいろなケースに

よって答えが違ってくる場合が結構あるのです。

どんなケースによって答えが変わるのか?

 

1、SWOT分析参加者や影響力のある人の有無で変わる

例えば、経営者が不在でSWOT分析をした結果と、参加して出た答えは違うケースが多いですね。

経営者が思っている「機会」や積極戦略と、経営者以外が感じているそれとは、若干のズレがある

のです。

「強み」はほとんど変わらない筈です。

但し、それは「強み」捻出の仕方を、どちらの場合も明確に指導した場合に限ります。

 

2、コーディネーターのヒントの出し方で変わる

これは、大きな要素です。

誰がそのSWOT分析を指導し、どんなヒントをだしたかで、大きく変わる可能性があります。

その為に、SWOT分析の場数や模擬訓練をふやし、スキルを磨く必要がある訳ですが。

もし、コーディネーターであるコンサルタントが、変な誘導をしたり、ヒントが総論や

大手企業の情報、業界の一般常識、社会の流れなどの「マクロ」でヒントを出し続けたら

それに沿った「機会」の議論になっていきます。

しかし、ニッチ分野や「ミクロ」のヒントを意識した誘導だと、当然、クライアントの答えも

変わってくるのです。

 

3、時期によって変わる

これも不思議に思うかもしれませんが、どの時期にSWOT分析をしたかで、結果が変わる可能性

があります。

それは、

その時期にどんな出来事が社内で起こったのか、

その時期に、どんなトラブルやクレームが発生したのか

その時期に、どんな要望が顧客から生まれたのか

その時期に、どんな市場ニーズの発見や出会いがあったのか

そういう出来事次第で、「機会」も「強み」も変わってくる可能性があります。

だから、面白いもので、

例えば、4月1日にやったSWOT分析と、9月1日にしたSWOT分析が微妙に答えが違うということ

は多々あるのです。

 

4、誰がしても、いつしても変わらない「脅威」と「弱み」

逆に、誰が参加しようが、誰がコーディネートしようが、いつやろうが、あまり結果に変化がない

のは、「脅威」と「弱み」です。

それは、参加者が日ごろから実感していることなので、明確な定説として脳裏に焼き付いているのです。

しかし、特に「機会」は、SWOT分析の状況次第で微妙に変化する訳です。

 

このように、SWOT分析を1回実施したからと言って、それがすべての答えではありません。

だから、一度実施したSWOT分析の「積極戦略」は3~6か月寝かせて、リサーチして、

再度「SWOT分析」をした方が良いと、提案している訳です。

 

アーカイブ

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012