• 0120-577-797

SWOT分析で勝手にストーリーをつくらない

以前、ある検察官が被疑者の行為を勝手にねつ造してストーリーを作ったと言う事件

がありました。

物的証拠がないから、状況証拠を積みあげる過程で、勝手にストーリーを作った

のです。

その事件は無罪が確定し、その検察官はたしか、罷免されたと思います。

何故、こんな話をするかと言うと、

「SWOT分析検討会でも、似たような間違いをコンサルタントが起こす」

可能性があるからです。

特に、アイデアマン的なコンサルタントがついつい、クライアントの意識を

聞かず暴走したSWOT分析指導をした結果に起こりやすいです。

 

1、相手が聞き役だと、コンサルタントがしゃべり過ぎる

SWOT分析検討会で、参加者が大人しく、聞き役のタイプが多いと、指導するコンサルタントが

しゃべる時間が長くなります。

コンサルタントとしては、「機会」の掘り下げをする段階で、クライアントが「少ししか情報を

出さない」場合、それに尾ヒレや背びれをつけて、聴きだす訳です。

その時に、コンサルタントのイメージ(ストーリー)が先行してしまいがちです。

 

2、相手はコンサルタントの熱意についつい引き込まれ・・・

「コンサルタントが言ったストーリーは、少し違う」とクライアントは思っていても、

その熱意と論理性から、真っ向から反論しません。

だから、コンサルタントも持論が間違っていないと思い、ドンドン勝手なストーリーが

展開されます。

 

3、相手が乗ってこない時は、そのストーリーは間違い

コンサルタントがいかに筋道立ててアイデアの論理展開をしても、参加者が大きくうなずき、

納得感あるような表情ではない時は、そのストーリーは間違いです。

参加者が食いついてくるストーリーなら、それは方向性はあっていると言えます。

 

4、何故、コンサルタントは勝手なストーリーを展開するのか?

それは、一言で言えば、現場と現実を知らないからです。

SWOT分析検討会に参加した経営者や幹部は、現実・現場を知っているから、コンサルタントの

架空のストーリーに乗れません。

しかし、コンサルタントは、相手に対して「新たな戦略が上手くいく為のプロセスやイメージが

湧いて、可能性がある」と思ってもらいたいのです。

ただ、それが現実とかけ離れていれば、端からダメですが。

 

5、架空のストーリーは、聴き込み不足と経験値から起こる

結果的に、SWOT分析検討会でのコンサルタントの架空のストーリーは、聴き込み不足から

起こっていきます。

「機会」や「強み」を聞く時、「Why」と「How」を何回も確認しないと、表面的な意見

だけで、勝手なストーリーに入っていきます。

また、コンサルタントの経験から、勝手なストーリーが始まります。

自身の経験は論理的で、強いイメージができているので、個別企業のリソースに関係なく、

提案したくなります。

 

6、突拍子もない意見は突然出てくる

コンサルタントがあるストーリーに沿って、積極戦略を整理している最中でも、

「本当の可能性のある意見」は、突拍子もなく出てきます。

そこで、コンサルタントがまとめに入っているから、それをないがしろにすると、

参加者の不満も出てくるし、それ以上に、重要な戦略をスルーすることになりかねません。

コンサルタントがまとめようとしている事も、勝手にストーリーを確定しようと

していることにつながるかも知れませんね。 

 

いずれにしても、コンサルタントは思い込みで勝手にストーリーをつくらないように

意識した方が良いですね。

アーカイブ

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012