• 0120-577-797

SWOT分析シートの添削で分かった「使えない表現」とは?

2018年新春「書籍無料プレゼント」キャンペーン

今、無料メルマガ登録されると、私の著書「SWOT分析コーチングメソッド」を無料プレゼント(1月末までの期間限定)

この「SWOT分析コーチングメソッド」は、

「中小企業向けのSWOT分析の教材」として専門書ながら20000部弱の販売実績があり

SWOT分析検討会の進め方ノウハウや16業種の具体的なケーススタディが掲載された

まさに「中小企業のSWOT分析の教科書」です。

ページ数・210ページ 本の目次はこちら ☞ 「SWOT分析コーチングメソッド」目次

(写真の左側です)

丸善オアゾ書籍陳列※下記のメールアドレスに、書籍名、住所、氏名、連絡先電話番号、メールアドレスを記載して送信してください。(コピーできない場合は、アドレスを入力してください)

✉ 

 ※レターパックで書籍を郵送します。送料も当社が負担します。

※この無料書籍を郵送後、無料メルマガ会員として登録され、メルマガや各種の特典が受けられます。

※無料メルマガは、「SWOT分析とコンサルタント事務所経営」というタイトルで、送られます。

このキャンペーンは、既に当社のメルマガ会員として登録されている方は、該当しません(既に氏名や法人名、メアドが登録されている場合は、メールでご連絡します)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

SWOT分析を学ぶ、現場に活かす為には、やはり場数が必要です。

しかし、ただ闇雲に場数を踏んでも、なかなか上手にコンサルティングできないかもしれません。

SWOT分析検討会や研修でいかに白熱した議論をしたとしても、そのアウトプットであるSWOT分析シートを見れば、どういう議論になったか、掘り下げ不足かがある程度分かります。

当社の有料サービスの中で、コンサルタントや会計事務所職員が行った「SWOT分析」の結果のシートを添削し、アドバイスを行うというものがあります。

そこで、どんなSWOT分析シートの書き方が多いのか、それをどうすれば、中身のあるものにできるのか、改めてご紹介したいと思います。

 

1、機会、強みが、メモ書きのように単語が羅列されている

SWOT分析検討中に、いろいろな意見が出て、それをメモとして、「SWOT分析シート」に記載する事は多々あります。

ただ、主語も述語も分からない単語の羅列で、そのまま議論しているなら、クロス分析である「積極戦略」「致命傷回避撤退縮小戦略」「改善戦略」「差別化戦略」のあぶり出しは、相当苦労する可能性があります。

それは、「機会」「強み」の欄に、メモ書きとして単語を羅列しても、その議論の最中は、意味も分かっているでしょうが、いろいろな議論をする内に、その単語メモの意味や、その言葉が出た背景が分からなくなります。

すると、クロス分析にも直接使えない「機会」「強み」になってしまうのです。

ココでの答えは、メモ書きしても、その場で主語述語の入った箇条書きに整理する事です。

もし、コンサルタントや会計事務所職員では分からない専門的なワードだったら、聞き直し、参加者から丁寧に言ってもらう事を忘れてはいけません。

 

2、普通名詞を固有名詞に書き換える

「積極戦略」などのクロス分析が、抽象的場理由は、「機会」「強み」のワード自体が、抽象論だったり、普通名詞が多いからです。

普通名詞と固有名詞の違いを意識して、議論してもらわないと、後々困る事になります。

逆説的ですが、固有名詞が分かれば、それ以外が普通名詞になります。

例えば、「機会」において、「〇〇業界が伸びる可能性がある」と表現します。

この「〇〇業界」は固有名詞と思っている人がいます。

実は、これはまだ普通名詞なんです。

業界というのは広く、ターゲットが絞りにくいので、その後の「積極戦略」の具体策も表面的になる可能性があります。

 

では、「〇〇業界」を固有名詞にした場合、どういうところまで掘り下げた表現にすべきか?

固有名詞なら、こんな表現になりす。

「〇〇業界の、X地域で、Yというテーマを抱えいる企業は、Zというニーズが高まる」

ここまで、掘り下げれば、「強み」をぶつける時、イメージが湧きやすいですね。

 

3、「機会」「強み」の単品の補足表現で「積極戦略」を書かない

これもよくみられる傾向です。

「機会」の一部分のみをフォーカスして、その表現に少しだけ補足したのを「積極戦略」」に記入しているのもあります。

また、「機会」が弱いせいか、特定の「強み」ばかりをフォーカスして、「積極戦略」にしている場合もあります。

いずれも、良くない事例です。

SWOTクロス分析と言われるように、SWOT分析の肝は、クロス分析である「積極戦略」「致命傷回避撤退縮小戦略」「改善戦略」「差別化戦略」にあります。

だから、「機会」「強み」の単独の表現で、具体的な戦略は立てられないし、それでは「SWOT分析」とは言えない訳です。

 

クロス分析は掛け算の表現にする

クロス分析の基本は「掛け算」です。

「積極戦略」の場合、「機会」の何番と何番、それに使える「強み」の何番と何番を掛け合わせると、

「〇〇業界の、〇〇がテーマの業種に対して、〇〇のツールと使い、〇〇の仕掛けを行う」

のような表現を意識して欲しいですね。

この「掛け算」のロジックを使わないと、相手も「何故、その分野のターゲットを攻めて、自社が優位になるのか」イメージが湧きません。

この掛け算の作業時に、SWOT分析検討会の参加者は、論理的にイメージが湧いてくるのです。

これをコンサルタントや会計事務所職員がファシリテーターとして、参加者に議論してもらう事で、自ら気づき、自ら結論へ結び付けて貰うように推進します。

 

このように「SWOT分析シート」は、その検討会のアウトですから、そのアウトプットを見れば、検討会自体がどのレベルだったか、おおよそ判断できる訳です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

もし、自分が指導したSWOT分析のアウトプットシートを添削して欲しい方は、2018年3月24日(土)に開催される「SWOT分析スキル検定 初級講座」のご参加ください。

セミナー中に受講者が書いた「自分SWOT分析シート」を当社で添削してお返しします。

【SWOT分析スキル検定 初級講座】ご案内

 

 

アーカイブ

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012