• 0120-577-797

新規事業SWOT分析の「機会」のアプローチ方法

2018年新春「書籍無料プレゼント」キャンペーン

今、無料メルマガ登録されると、私の著書「SWOT分析コーチングメソッド」を無料プレゼント(1月末までの期間限定)

この「SWOT分析コーチングメソッド」は、

「中小企業向けのSWOT分析の教材」として専門書ながら20000部弱の販売実績があり

SWOT分析検討会の進め方ノウハウや16業種の具体的なケーススタディが掲載された

まさに「中小企業のSWOT分析の教科書」です。

(写真の左側です)

丸善オアゾ書籍陳列※下記のメールアドレスに、書籍名、住所、氏名、連絡先電話番号、メールアドレスを記載して送信してください。(コピーできない場合は、アドレスを入力してください)

✉ 

 ※レターパックで書籍を郵送します。送料も当社が負担します。

※この無料書籍を郵送後、無料メルマガ会員として登録され、メルマガや各種の特典が受けられます。

※無料メルマガは、「SWOT分析とコンサルタント事務所経営」というタイトルで、送られます。

※このキャンペーンは、既に当社のメルマガ会員として登録されている方は、該当しません

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー●SWOT分析スキルをもっと、深く掘り下げたい方

●SWOT分析スキルのお墨付きをもらいたい方

●SWOT分析研修の進め方を知りたい方

2018年3月24日(土)に、東京神田で私が全編講義する『SWOT分析スキル検定 初級講座』を開催します。

私(嶋田)が直接専用に収録した 事前に配信する「SWOT分析スキルのオンライン教材」45講義460分の講義 を提供後、3月24日(土)に、終日研修でスキルアップの理論学習とロープレ、SWOT分析研修のファシリテーション技術とSWOT分析体感を行います。

ご興味のある方は、下記をクリックしてください。

詳細の案内があります。

お申込み後、当社からご案内のメールをします

【SWOT分析スキル検定 初級講座】

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

新規事業の参入の可否判断をすれる際に、SWOT分析が用いられるのは、以前にもご紹介しました。

しかし、ただ闇雲の「機会」を羅列しても、なかなか議論の整理や、新規事業の絞り込みはできません。

ある程度、新規事業の方向性が決まっている場合は、良いですが、そもそも

「わが社はどんな新規事業で、将来への布石を打つべきか」、新規事業のネタも決まってない場合、

「機会」のアプローチの方法をある程度、フォーカシングしていくべきです。

そこで、当社では、4つの新規事業の機会分析のアプローチを行っています。

4つとは

「経営資源からのアプローチ」

「具体的な顧客ニーズからのアプローチ」

「市場ニーズ、社会ニーズ対応からのアプローチ」

「市場創造からのアプローチ」

です。

1、経営資源からのアプローチ

経営資源とは、一般的に「技術」「販売組織」「顧客」「開発力」「組織力」「資産」「人材力」などを指します。

その中で、新規事業の「機会」の代表的なモノが、次の3項目です。

①技術力・開発力の横展開(活かせる技術を他製品へ)   

 今現在持っている技術力や開発力を、まだ自社でやった事がない製品や開発に使う事です。

 技術を棚卸し、他の製品開発に横展開可能なものを列挙して、ニッチ市場に使えるか、後発だが安く提供できるかどうかを検討しま

 す。

 

②組織力の横展開 (不動産、動産、拠点、サービス活用で新戦略)

 組織力は、販売組織、拠点組織、社内の使える組織機能(特定部門)や不動産等を指します。

 これらの組織を使う事で、どんなニッチ市場やニッチカテゴリーの「機会」を取りに行けるか議論します。

 

③顧客・ネットワークの再活用

 今の顧客の属性、点在地域、取引形態、顧客と自社の強い関係性(囲い込み戦略等)から、既存商品以外の新たな展開が可能かどう

 かを検討します。

 

2、具体的顧客ニーズからのアプローチ   

新規事業の「機会」でよくある事は、「顧客からの要望」「顧客のニーズ」から、新規事業参入をする場合です。

①顧客の差し迫ったニーズを製品化・事業化  

 「顧客が他地域に進出するから、一緒に来て欲しい」

 「この外注先がなくなったから、新たにやってくれないか」

 「この分野をお宅がやってくれるなら、アウトソーシングしたい」等々

 顧客が困っており、差し迫ったニーズがある場合は、新規事業のネタとして「機会」に入ります 

 

②顧客と共同開発で市場参入

 前述と同じように、自社には顧客ニーズに対応できる経営資源には乏しいが、顧客との共同開発なら可能な場合、新規事業のネタに

 なります。OEM供給やPBなどもその一種です。

 

3、市場変化・社会ニーズ対応からのアプローチ   

新規事業のネタをマクロの変化で見た場合の主なチェック箇所が以下のポイントです。

PEST分析のように、大きな社会構造、政治構造、経済構造、消費構造から見る場合もありますが、一般的な中小企業には、なかなか難しいものです。

そこで、中小企業でもある程度想像できる、新規事業のネタとしは、 

①需要の変化

 これは、需要予測で、絶対量の市場規模、購入形態や購入市場がどう変わるか、またはある分野は成長し、ある分野は衰退するかを

 予想します。

 今の顧客との取引を見ていれば、ある程度分かります。

 変化の中で、今後成長の可能性がある「ニッチ市場の機会」を見出します。  

②発注形態・購買ルートの変化

 顧客が今発注したり、購入しているチャネルや取引がどう変わるかで、新規事業のネタを探します。ネット購買が増えるなら、それ

 に関する新規事業のネタが出てくるし、モジュール化、ユニット化、コンプリート化がニーズなら、それへの適用と新市場も創る事

 は新規事業のネタになります。

 

4、市場創造からのアプローチ   

今の技術や開発力をベースに新しい市場をつくる事も新規事業のネタにつながる「機会」といえます。

①今までにない用途開発

 今の製品やサービスを違う角度から見て、新たな用途開発をすれば、営業する業種やターゲットが変わってきます。単なる新チャネ

 ル開拓ではなく、ブランディングまで行えば、十分な新規事業のネタです。 

②今の困り事、これからもっと困る事を製品化

 自社製品に関係なく、今の顧客の困りごと、もっとこれから困る事を分析し、今の顧客が販売先になる「ニューカテゴリーの新商 

 品」をベースとした開発販売は、新規事業のネタになっていきます。

 

これらのように「新規事業の機会」を見つける場合、いつも使う「30のタラレバヒント」だけではなく、マクロ分析を議論しながら、進めるとよいでしょう。

 

アーカイブ

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012