• 0120-577-797

SWOT分析スキル検定で経営者コーチング力までついてくる

私たちが主催している「SWOT分析スキル検定」は、これまで

延200名のコンサルタント、税理士、生保営業、コーチ、社労士

などが参加して、中小企業の経営者の支援をしています。

この検定に参加する前は、多くの方が、「SWOT分析を指導する

為の知識やノウハウ」を目的にしています。当たり前ですが、

受講後、参加者の多くは

「経営者向けのコーチング会話の仕方が分かった」

「検討会のファシリテーション技術が分かった」

「SWOT分析より、ヒントの出し方が分かった」

「ロープレで自分のトークの癖が分かった」

などと、「SWOT分析」の細かい知識ではない、感想を言われます。

それは、なぜか?

実は「SWOT分析は教えないコンサルティング」であり、「コーチ

ング、ヒント会話とファシリテーション技術」使った手法だからです。

1、「教えないコンサルタントがSWOT分析」

多くの方が誤解しているのが、「コンサルタントは知識を教える人」と

思っていることです。

確かの専門知識を教えるコンサルタントはたくさんいます。

しかし、この「SWOT分析」は、「教えないコンサルティング」であり、

「教えないことで、経営者幹部が自ら気づき、自ら納得して、自ら行動する」

ように誘導するコンサルティングなんです。

しかし、ただ単に「教えない」訳ではありません。

そこには「いろいろなヒント知識」を学んで貰わないといけませんが。

例えば、SWOT分析の肝は「機会」と「強み」とそれを掛け合わせた「積極戦略」

です。

外部環境である「機会」は、市場の新た変化や可能性、ニッチニーズの台頭などを

根掘り葉掘り聴きだします。

でも実際に経営が厳しい場合、「そんなブルーオーシャンの市場なんて、自分達の

業界にはありません」と否定的な態度が多いです。

しかし、私たちの「SWOT分析スキル」は、「機会」をいろいろな角度から聴きだす

マル秘の「30のタラレバヒント」や「経営者幹部がついつい意見を行ってしまう3つ

のヒントシステム」によって、相手から意見がどんどん出てきます。

もし、ここでコンサルタントが「こんな市場があります」とか「ここを狙うべきです」

と言おうものなら、興ざめして、自分達からの意見だしや納得感がなくなります。

これを「教えるコンサルティング」というのでしょう。

2、SWOT分析スキル検定は、経営戦略知識と経営者コーチング力が同時に習得

もし、私たちが推進している「SWOT分析スキル検定」が、普通の「SWOT分析知識」

を提供しているだけなら、手前みそですが、私のSWOT分析関連専門書が累計5万部を

売れる事も、毎回全国から30~40名の専門家がこの検定を受講することもないでしょう。

SWOT分析という手法を、トコトン中小企業の実態に即して掘り下げ、しかも、プロの

専門知識がないとできないコンサルティングではなく、「聴く能力」と「ヒント知識」

さえあれば、誰でもできるようにしたノウハウです。

また、「SWOT分析」を使う過程で、経営者と対等に会話できる経営戦略知識が分かり、

更にエグゼクティブコーチングまでできるのですから、まさに一石二鳥です。

経営者コーチングが発揮できる場面が、「機会」×「強み」から「積極戦略」を作る時

です。

積極戦略は、その企業の独自のセグメンテーションされた戦略を出すのですが、普通の

コンサルタントでも、どうしても概念論や普通名詞になってしまい、経営者幹部が

「そうしたら勝てる・業績が上がる」というイメージが沸かない表現が多いのです。

しかし、私たちの「SWOT分析スキル検定」受講者が表現すると、固有名詞になり、

5W2Hを意識した超具体的な表現に誘導できます。

例えば「A商品、BニーズがあるCの顧客ゾーンの、Dのメリットを打ち出し、Eの販売

企画で、Fの手法を使い、Gキャンペーンを、Hの単価で、Iの個数を、Jの期間に実施」

見たいな表現にしていきます。

だから、経営者幹部がイメージしやすいのです。

ここまで落とし込んだ表現にできるのは、検定で学習する「機会を導く30のタラレバ

ヒント」「強みを引っ張り出す30のヒント」などの「経営戦略知識」と、ヒント力や質問

技術が駆使できる「コーチング力」を学ぶからです。

3、ロープレ経験が「自分の質問力」「ヒント力」の癖を修正する

単に座学の学習するだけで、ヒント力や質問力などの経営者コーチング力は上がりません。

そこには、受講生同士が、社長役、コンサルタント役、それを客観的に観るオブザーバー役

を何回も経験し、自分の気づかない癖、社長役をして分かる「こんな言われ方だと、意見が

言えないなあ」という疑似体験の実学があるから、できるわけです。

受講者の感想では、多くの方が「ロープレが良かった」と言われます。

どんなに知識があっても、現場で使うためには、疑似体験を何回するかが大事なわけです。

また、他人のロープレをオブザーバーとして、客観視すると「他人のふり見てわが振りなおせ」

とまた、自分自身への戒め学習にもなるのです。

SWOT分析スキルは、単に一つのコンサルティング手法を学ぶだけでなく、経営者コーチング力

が身につくという点では、非常の良いコンサルティングスキルだといえます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

9月27日㈮「第4期SWOT分析スキル検定初級講座」で、あなたもコンサルティングノウハウ

と経営者コーチング力を同時に身に着けませんか?

詳しくはこちらから

 9月27日㈮ 第4期SWOT分析スキル検定初級講座 開催要項

 

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

アーカイブ

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012