• 0120-577-797

SWOT分析ができると、長期経営顧問になりやすい理由

長期経営顧問とは、10年以上中小企業の経営の意思決定の

場面の会議に参加したり、定期的な経営者面談を行う事

です。

一般の経営顧問、会計顧問や税務顧問は、「相談されたこと

に答える」というスタンスです。

しかし、長期経営顧問は「一緒に、経営の意思決定に参加」

するスタンスですから、イメージとしては「社外役員」に

近いかもしれません。

しかも、議事進行にも大きく関与する「社外役員」みたいな

ものです。

1、経営戦略に入り込むから、関係性が長期化する

これまで33年間コンサルタントをしていますが、10年以上の

継続コンサルティングをしているクライアントは、80%以上に

になります。

今でも毎月13~15社の顧問をしていますが、長い企業は20年

以上が3社、10年以上が4社、5年以上が3社です。

これらの企業のコンサルティングでは、ほとんど「経営戦略」

作りに一緒に参画し、経営戦略の検討過程や「見える化」

そしてモニタリングをしています。

経営戦略は仮設、検証、モニタリング、修正変更、モニタリング

と終わりなく続きます。

だから、長期顧問になるのは必然なんですね。

2、経営戦略に参画する為に、戦略ツールを使えることが条件

経営戦略作りといっても、何からどう手を付けるか、分かりにくい

かもしれません。

「社長、経営戦略を作りましょう」

「そうだね、どうやって作るのかい」

「・・・・」

もし、あなたに「経営戦略を作るとは、〇〇をすること」

と明確な定義がなければ、支離滅裂になり、不信感を

持たれます。

経営戦略の作り方は誘導の仕方には、いろいろなツールがあります。

3C分析、4P、5force、PEST、PPM等々

もし興味があれば、それらを一から勉強することも一案です。

しかし、どれもこれも専門的で、分析に偏りがあり、それなりの

企業規模でないと、なかなか推進が難しいものばかりです。

3、SWOT分析なら、中小企業向きの経営戦略ツール

私が長年、SWOT分析を使って、中小企業の経営戦略づくりに

貢献している理由は一言。

「簡単な理論で、中小企業経営者、幹部にもすごく分かりやすい」

からです。

しかも、RE-経営式「実践SWOT分析」は、相手経営者、幹部から

意見やアイデアを引き出し、先方が納得する経営戦略を導き出す

手法です。

だから「SWOT分析コーチングメソッド」と言われているのです。

何せ、「この業界はこうあるべきだ」という答えがありません。

ほとんどの経営戦略分析ツールだと、「この業界ならこういう方向性」

だとか「一般的にこれが必要」だと、「業種によって答えが決まっている」

ような傾向があります。

しかし、SWOT分析の場合、業界が同じでも地域が同じでも、経営戦略は

まったく違ったものが出来上がります。

何故なら、「使える経営資源」が違えば、求められるニッチ市場も違う。

すると、すべての中小企業で「わが道を行くための経営戦略」を作り

上げるのが、「SWOT分析」になるのです。

4、今までの一般的な「SWOT分析」がダメな理由

同じSWOT分析でも、世の中には。「ダメSWOT分析」がたくさんあります。

●「強み」「弱み」「機会」「脅威」を並べただけのSWOT分析から無理やり

経営戦略を持っていく

●大手の同業者の戦略の後追いをするSWOT分析

●業界常識、一般論で実行不可能な対策を並べるSWOT分析

●戦略を見ても、何からどう手を付けるかイメージがわかないSWOT分析

●コンサルタントが指導しながら、押し付けたSWOT分析

●クロス分析の表現に固有性、具体性がなく、アクションプランのイメージ

 がわかないSWOT分析  等々

私たちがこれまで220以上の現場で培ってきた「実践SWOT分析」は、

こういうものではありません。

SWOT分析後に、経営者幹部から、

「なんかイメージがわきました」

「ビジョンの方向性が見えました」

「具体策が見えたから、やる気が出ました」

「今まで、悶々としていた未来がスッキリ見えました」

こういう答えが返ってきます。

5、長期経営顧問になるには、経営戦略支援とモニタリングスキルを上げる

経営戦略に強くなると、長期経営顧問になる最大の理由は、

「答えが決まってない経営戦略には、経営者は常に不安がある」

からです。

答えが決まっている課題なら、コンサルタントや専門家から知

識だけを勉強すればいいので、単発の指導で十分です。

しかし、経営戦略は、やってみないと分からない要素があり、

継続的なモニタリングが欠かせません。

そして、経営者は心の中で「あの戦略でいいのだろうか?」と

常に不安感があります。

それを役員や部下に泣き言の相談はしにくいもの。

そこでコンサルタントや会計事務所などに継続的にフォローして

もらえれば、心強い訳です。

SWOT分析が長期経営顧問につながる理由はほかにもいろいろあり

ますが、それはいずれご紹介しましょう。

-----------------------------------------------------------------------------------------

【長期経営顧問への近道を学ぶ無料動画】

実践SWOT分析の国内唯一の検定 「SWOT分析スキル検定初級講座」が

2019年9月27日(金) 東京神田で開催されます。

今回で第4期目です。

毎回、40~50名のコンサルタント、会計事務所、生保営業、FP、社労士

の方が全国から受講されます。

今回は、ホームページも少し変えています。

9月27日㈮ 第4期SWOT分析スキル検定初級講座 開催要項

初めての方にも、動画での説明やいろいろな特典があります。

メールアドレスを登録された方には、下記の動画が無料でご覧いただけます。

「無料プレゼント映像」長期・高価格契約を結ぶ秘訣

 

詳細はこちらから

【長期経営顧問になるための無料動画】

 

 

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

アーカイブ

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012