• 0120-577-797

コンサルティング現場でのPCの使い方で差がつく

コンサルタントとして業務を開始した昭和62年頃は、まだ各自に1台のパソコンはなく

何とかワープロを個人で購入して、企画書やレポートを書いていました。

私のワープロ遍歴は、8台位あります。

それから平成23年頃になって、初めてアップルのマックデュオを購入しました。

しかし、上手く使えなかったですね。

その後、自宅ではiMacを購入し、いろいろしているうちに慣れてきました。

でも、データ作成は多くはWordやExcelなので、ノートPCをWindowsに切り替えてから、

私のノウハウのデータ化が始まりました。

 

1、現場でPCがメモ代わり

ノートPCをコンサルティング現場や会議、研修、面談では必ず持参し、議事録を取ったりします。

特に経営会議などの場面では、決定事項が重要なので、それをしっかり記述します。

もし、他の書記がいたとしても、自分でキーパンチの音を立てずに静かに入力します。

この入力作業で保存しておけば、いろいろな時に引き出しとして役立ちます。

一番、役立つ機会は

「社長、昨年の2月に、こういうように決定していたんですよ」

「皆さん、平成16年にこんなトラブルが発生してますよ。覚えてますか?今回は類似ケースですから、…」

これは、コンサルタントがメモ代わりにPC入力する事によって、クライアントの「歴史年表」を

知っていて、即引き出せる事を意味します。

ここに付加価値があると思いませんか?

 

2、いかに早くタイピングするか

ノートパソコンが苦手という方には、タイピングスピードの問題があります。

これは練習しかないですね。

実は私がワープロ活用が早く、タイピングもそこそこスピーディーだったのは

大学時代に洋楽の歌詞を覚える為に、質屋で「オルベッティ」の手打ちのタイプライターを

購入し、何回も我流で打ち込んでいたからです。

但し現在も指使いは我流ですから、誤字脱字が多いのが難点です。(このブログも

結構な誤字脱字があると思います。すみません)

とにかく、タイピングスピードが遅いと、議事録取りが間に合わず、逆に邪魔に

なる可能性もあります。

 

3、「聞きながら、司会しながら入力する」

多少タイピングのスピードが遅くても構いません。

大事な事は単なる書記ではなく、「聞きながら、司会をしながら、議事進行を考えながら

入力する」事です。

そこにコンサルタントの付加価値があります。

単に記載だけなら、誰でに言い訳です。

そして、参加者の視線を、PC入力状況が分かるモニターやプロジェクター投影に集め、

議事を進行します。

視線が集まっている以上、入力でもたついていては、参加者の緊張感をなくすので要注意です。

 

4、画面を見ながら、決定事項を誘導する

モニターやプロジェクター投影のスクリーンを見ながら、必要な議事内容が入力されます。

議論には総論や世間話で終始する事もあります。

しかし、大事な時間を使って会議をしているので、コンサルタントは司会と書記の入力をしながら、

頭の中では、常に「どんな決定事項に誘導すべきか」を考える必要があります。

いろいろ議論する中で、

「結局、どうしたいんだ」

「先ず、何から始めるんだ」

「どこから手を付けるんだ」

「誰が、それをやるんだ」「

「いつからやるんだ」

と5W2Hの言葉を意識して、頃合いを見計らい、

上記の質問を投げかけます。

すると、その質問に応じた返答がでるので、それをまた決定事項として

入力していきます。

 

このようにコンサルティング現場でのパソコン活用は、しばらく続くと思います。

AIが来ようが、音声入力が進もうが、「眼で見てわかるコンサルティング」は

重要なスキルだと思います。

 

 

アーカイブ

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012