• 0120-577-797

M&A後の「中小企業版PMI」スキルを上げる

最近、私の周辺にもM&Aの話や案件が発生して

います。

当社はM&Aには関わらないスタンスですが、クライアントが

M&A後の統合計画についてはこれまでも数社コンサルティング

をしてきました。

 

長年、経営顧問をしている製造企業ではM&Aで買収して

子会社化しました。

M&A後、既に15年経過しました。

そこは大手金融機関からの案件紹介でした。

当時、PMIという言葉は使わず、「子会社の事業統合計画」

として、5か年経営計画、製造製品再配置、TOP人事計画、

本体からの人材異動、買収に伴う営業体制の再配置など

をいつも経営会議で議論して、アクションプランとモニタリング

をしていました。

統合効果が出す為に、後継者が自ら住居も移し、本気度を伝え

ました。

当然企業文化の違いもあります。また

人事賃金制度も労働組合も福利厚生制度も違います。

当然、設備も違うし、ソフトも違う。何から何まで違う。

どちらかのシステムを統一する為にも、双方の信頼感が必要です。

そういう信頼感醸成のために後継者が覚悟をもって取り組む、

それがPMIの原点だったのです。

統合効果を出すプロセスとして、今でいうPMI(ポストマージャー

インテグレーション)を実施しました。

 

当時も統合とグループ目標達成の為に中期ビジョン、ロードマップ、

経営計画、アクションプランを作成しました。

そして、本体、子会社の経営幹部の役割責任の明確化、理念統一と

して「経営判断基準」「行動規範」の統一などです。

人事と賃金は数年遅れて統合しました。

今では、このシナジー効果は大きくグループ経営の大きな貢献を

しています。

 

巷ではM&Aばかり注目されていますが、PMI無くしてM&Aの成功は

ないでしょう。

また大手コンサルタント会社やシンクタンク系が行うPMI対象先は

M&Aもやはり大型物件です。

これから増えるM&Aは小型物件が多い事でしょう。

すると、そういう案件のPMIをするには、本来会計事務所である

べきですね。

M&Aの紹介仲介手数料目的ではなく、「中小企業版PMI」のスキルを

つけて、M&A後もモニタリングして継続収入を得る事も、今後の

収益モデルではないでしょうか。

 

実は、当社が主催している「経営承継可視化戦略」は、PMIとほぼ

同じ経緯をたどります。

「中小企業版PMI」ですから、もっとシンプルですが、

「経営承継10か年カレンダー」  ⇒「統合プロセス5か年計画」

「中期計画の為のSWOT分析」  ⇒「統合効果を出すシナジーSWOT分析」

「役員幹部役割責任一覧」    ⇒「本体、子会社役員幹部の役割責任一覧」

「会長、社長の職務権限移譲計画」⇒「本体と子会社の職務権限整理」

「経営判断基準づくり」     ⇒「グループ経営判断基準・行動規範づくり」

 

こういう事を議論しながら、可視化していく事が「中小企業版PMI」です。

6月20日福岡で開催される「経営承継可視化戦略セミナー」では、経営承継とPMI

についても事例でお話したいと思います。

3月27日東京で開催した「経営承継可視化戦略セミナー」に都合で受講できなかった

方は是非、博多でお会いしましょう。

詳細はこちらから

6月20日 福岡「経営承継可視化戦略セミナー」開催要項

 

 

 

 

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

アーカイブ

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012