• 0120-577-797

経営計画書診断 50のチェック基準 その1

facebookカスタムネイル経営計画書診断1

前回のブログで「経営計画監査士」検定を2020年から始めると

紹介しました。

そして、その「経営計画監査士」の主な業務が4つありました。

その一つが、「経営計画書診断」です。

「経営計画書診断」とは、今作成している経営計画書がどこに問題があるか、

どこをどう変えればもっと有効活用できるか、等を

外部の専門家として診断する機能です。

この経営計画書診断には、50のチェックポイントがあります。

そして、その50のチェック結果に対して、評点し、改善策をアドバイスするのが

「経営計画書診断」です。

1、経営計画書診断は7つの工程でチェック

経営計画書診断は、下記の7つの工程ごとに分析チェック事項があります。

(1)事前分析

(2)中期計画分析

(3)目標との差額分析

(4)商材利益対策分析

(5)組織役割・会議分析

(6)アクションプラン分析

(7)計画書活用分析

です。

それぞれに、5~11の診断チェック項目があり、その内容はそのまま改善策として

提案できます。

2、事前分析に診断項目

今期、来期の経営計画書作成の前に確認すべきことです。

① 「前期の反省」シートはあるか。

② 「前期の反省」には、業績結果だけでなく「出来事」「良かった点」「改善点」が記載されているか

③ 前年実績の売上、原価、経費、利益、資金別に具体的な反省課題が固有名詞で列挙されているか

④ 「前期の反省」は経営者だけでなく、役員幹部も一緒に議論して書いたか

⑤ 経営計画書作成には、経営者だけでなく、役員幹部も何等かの関与があるか 

3、中期計画分析

中期計画を書いた場合のチェック事項です。

① 3ヵ年、5ヵ年計画の経営数値目標はあるか

② 3ヵ年、5ヵ年計画は毎回見直しているか

③ 3ヵ年、5ヵ年計画の中で、ニッチ分野でNO.1の商品、技術、サービスの戦略はあるか

④ 3ヵ年、5ヵ年計画の中でUSP(独自のウリ)を目指す戦略の表記はあるか

⑤ 3ヵ年、5ヵ年計画に、市場分析・経営戦略・部門戦略の記載はあるか

⑥ 3ヵ年、5ヵ年計画の主旨や重要戦略が社員や金融機関にもわかる「体系図」はあるか

4、目標との差額分析

売上・利益目標と現状との差額の認識、経費削減の在り方についてのチェック事項です。

① 単年度、3ヵ年の「破局のシナリオ」の数値予定を出したか

② 必要利益と現状利益との差額から、必要売上・利益の差額を出して、経営者は納得したか

③ 差額の売上・粗利と、今の経営戦略、重点行動は整合性があるか(差額対策の根拠は納得したか)

④ 経費削減計画内容は妥当か1(無理なコスト削減で帳尻合わせをしていないか)

⑤ 経費削減計画内容は妥当か2(伸ばす売上に必要な必要経費を十分確保しているか)

⑥ 経費削減計画内容は妥当か3(改善程度の削減ではなく、コスト構造の改革が入っているか)

⑦ 収支計画と具体策の連動が、一目でわかるようなシートになっているか

次回のブログで、

(4)商材利益対策分析

(5)組織役割・会議分析

(6)アクションプラン分析

(7)計画書活用分析

の内容をご紹介します。

 

 

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

アーカイブ

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012