• 0120-577-797

経営コンサル歴32年目の真実①

もう4月ですね。

私もついにというか、当然というか、今年で32年目を迎えます。

まだまだ32年、もう32年、いずれにしてもよく続いているなあと思います。

そこで、今回から数回に分けて、振り返ってみたいと思います。

1、コンサルタントを目指した理由

今から33年前、新卒で経営コンサルタント会社に採用されました。

当時は、社員が30名位にコンサルタント会社です。

この業界を目指したのは、よく笑われるんですが、「横文字の仕事がしたかった」だけなんです。

別にシステムエンジニアでも、イラストレーターでも良かったんです。

ただ、何となく入ったのがこの「経営コンサルタント」の世界でした。

私の親は、昔気質の宮大工でしたから、なかなか仕事の理解をしてくれませんでした。

「そんな仕事で、飯が食えるのか。世間に手ごたえのある仕事を残せるのか」と。

実は、親父は兼業農家だったから、就職前に地元のJAに就職できるように動いていたようです。

だから、訳の分からないコンサルタントという仕事に就くと言った時は、

「勝手にせえ」と怒られたように覚えています。

いずれにしても、確固たる信念やビジョンがあって、入社した訳ではなかったんです。

2、最初の1年間の仕事は、とにかく営業、営業、営業

経験のない新卒ができる事は限られています。

コンサルティングなんてできるはずもないし、その助手作業さえもできません。まあ文書をまとめたり、

コピーを取る位です。

しかし、それでは生産性が上がりませんし、会社への貢献がありません。

それで、最初の仕事は、過去のクライアントのフォロー(セミナーフォローや情報土産持参)、新規の紹介を貰う(会員制度があったので、その紹介促進)、飛び込みでした。

最初はなかなか成果も出ず、きつかったですね。

正直言いますと、最初の1年間で、退職願を3回書きました。

何故3回も書いたかというと、毎回日付を入れるものですから、書き直しが必要だったんです。

1回書いて出しそびれると、数か月我慢して、また限界を感じて、また書く。そしてまた出しそびれるの繰り返し。

あの頃、「とんでもない業界に入った。自分は不適性」だと真剣に思ってました。

3、退職願3回目で親父の一言で、決意

そんなこんなで3回目の退職願を出す前日か前々日に、実家へ電話しました。

1年も持たずに辞めるのは、恥ずかしいと思っていたから、それなりの大義名分を用意しました。

私「親父も年だから、地元で仕事をした方が良いかなと考えている」

親父「お前、そんな事言って、本当は逃げたいんだろう。自分で決めた仕事だろ。辞めるんだったら、

  二度と家の敷居はまたがせんからな」

この言葉で、

「こりゃ、ある程度ものになるまでは辞められないなあ。3年はやってみるか」と

腹をくくった事を鮮明に覚えています。

しかし、その後、肩の力が抜けたのか、逃げ道を塞いだことで、若干積極的になったと思います。

 

丁度、1年過ぎた頃から営業の成果にでるようになりました。

やっとスタートラインに着いた感じでした。

 

つづく

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

アーカイブ

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012