• 0120-577-797

コロナショック後のサバイバル戦略指導の中身とは?

 

需要消失から、低温経済に沿った「ダウンサイジング経営」を行うには、SWOTクロス分析で「致命傷回避撤退縮小戦略」から、「事業の選択と集中」を決めた後、事業の再構築(リストラクチャリング)を進めていきます。

実はここに、大きな落とし穴があります。

それは従来型の「致命傷回避撤退縮小戦略」にヒントだけでは、通用しないほど「需要消失」による「倒産の危機」が多くの企業に迫っているのです。

1、従来型の「致命傷回避撤退縮小戦略」のヒント

今までのこの戦略を議論する際。下記の要素を中心に具体策を提案してきました。

① 顧客・エリア・チャネル・ルートの選別(利益の出ない顧客からの撤退又はサービス選別)

② 商品の選別(デメリットの多い商品からの撤退)

③ 可能性戦略への集中化(積極戦略に集中する為に、赤字事業からの撤退)

④ 事業戦略の仕分けと絞り込み(選択と集中)

⑤ 原価コスト見直し、発注先や規格仕様の見直し・経費大幅削減

⑥ 内部から外注・アウトソーシング化

⑦ 人員配置の見直し

⑧ 社内業務の仕分け・職務範囲の見直し(コア業務への人事)

⑨ 資金使途の制限(投資の絞り込み)

⑩ 最終的には人員リストラ

最終的な人員削減を伴う「リストラ」は、最後までやってはいけない対策というのが暗黙の了解でした。

 

2、コロナショック後の低温経済・縮小経済にあった経営

コ今回のコロナショックでは「リーマンショック」以上に需要の消失で、不況感は戦後最大規模です。

こう言う場合、まず生き残る為に、「コア戦略=積極戦略」以外の「ノンコア戦略」は、カットして「ダウンサイジング経営」から再出発する事が求められます。

仮にコロナが終息しても、いったん落ちた需要が急拡大するビジネスは一部であり、仮に拡大したとしても多くのB to B、B to Cで「デフレ」が復活していきます。

簡単に言うと、以前のような「平常時代」には戻らない「ニューノーマル」の時代です。

だとすると、「縮小経済」「低温経済」にあった「ダウンサイジング経営」が不可欠になります。

ですから、相当なリストラ覚悟の戦略で進めないと、水泡に帰す訳です。

例えば、売上が10%不足して、赤字が消えない、という従来の業績不振型企業の「赤字対策」とは意味が違ってきます。

売上消失50%とか、赤字より資金繰りの為「返済の事は後回しにして、まず手元流動性を増やす」という、異常事態の経営です。

従来型のコストダウンなどの生易しい対策では、即倒産に憂き目にあいます。

そこで、こういう「通常努力」では如何ともしがたい状況で行う「致命傷回避撤退縮小戦略」では、昨今の傾向を踏まえて、複合的にリストラ対策を行う必要があります。

 

3、ダウンサイジング経営の構造改革提案のポイント

ダウンサイジング経営では、今回の緊急融資の返済資金が確保できないので、長期返済やリスケを想定して、対策を立てる事になるでしょう。

では、どんな荒療治が考えられるか?

① 不採算部門のカット又はスモールM&Aで売却

② 不採算部門の従業員の異動(得手不得手に関係なく、必要部門・可能性のある部門へ配置転換)

③ 問題従業員への確実な指導とモニタリングの記録化

④ 個人事業主契約による従来社員業務のアウトソーシング化

⑤ 低価格商品・サービスの低粗利でも回せる高回転商品の開発販売と体制づくり

⑥ テレワークに伴う平均給与の削減と個別交渉

⑦ テレワークに伴う賃貸物件の地代家賃の削減

⑧ ダブルワーク副業推奨による人件費削減

⑨ 間接業務のアウトソーシング化

⑩ WebやSNS、ダイレクトマーケティングに人員シフト

 

「致命傷回避撤退縮小戦略」は本来は「脅威」×「弱み」によって捻出されますが、今回の緊急事態は、上記10対策を、別途検討してそのアクションプランを作成する必要があります。

 

今こそ中小零細企業に経営戦略が必要な時はありません。

今すべきコンサルティングと、今ではなくても良いコンサルティングが区分けされます。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

SWOT分析スキル検定初級 オンラインコースで、SWOT分析の知識と提案力を高めましょう。

経営者は「生き残り戦略」を模索しています。

「事業の選択と集中」をどうすべきか、悩んでいます。

そこに客観分析である「SWOTクロス分析」で、経営者と一緒に戦略整理をする事こそ、心強いパートナーとなるのではないでしょうか?

【SWOT分析スキル検定初級 オンラインコース】の詳細

記事検索

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

アーカイブ

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012