• 0120-577-797

コロナで受注激減の住宅会社が、自粛期間にすべきこと

facebookカスタムネイル住宅会社が自粛中にすべきこと

住宅建設業界は一気に受注が冷え込みます。

私のクライアントも今施工中の物件が終わると、受注ゼロです。

普通なら、内覧会、DM、過去リストの掘り起こしなど、できる営業対策でいろいろ行います。

しかし、今回はそういうことさえも自粛せざるを得ない状況。

いわゆる、即効策は打つ手なし」の状況です。

しかし、ただ指をくわえて憂うだけでは、経営者として失格です。

アフターコロナの対策こそ、今すべきことです。

そこで、クライアントの住宅建設会社での「経営会議」で次のことを実行しようと役員と議論して決めました。

1、在宅ワークで行うことは「未来の為のコンテンツづくり」

工務部門はまだ現地での仕事がありますが、設計や積算部門は仕事に空きが出ています。

彼らを中心に、未来の受注の為のコンテンツづくりを、在宅ワークでの課題にしました。

具体的には、今後PRするUSP(独自のウリ)に関連する写真集め、コピー作成、資料整理、SNS掲載そして、動画の撮影とYouTubeへのアップロードです。

しかし、そのスキルがありません。

そこで、在宅が始まってもzoomで学習するようにしました。

ノートパソコンを持たないスタッフにはレンタルパソコンとポケットWi-Fiを支給。

コンテンツづくりは、チームを決めてまずzoom会議から始めます。

コンテンツづくりの大枠、行動計画、他社の類似コンテンツのイメージ学習などから。

これを我々がコンサルティングしていくわけです。

しかもzoomで。

 

2、効率化、スキルアップの為の「過去物件の検証」

在宅と言いつつ、毎日全員が常に在宅というわけではありません。

週のうち半分は出勤してもらい、社内業務をします。

しかし、実際の仕事はあまりないですから、今こそ「スキルアップ」の為に過去物件の検証作業をしてもらいます。

再開後、どんなことに留意すべきか、必要なことのチェックリスト化、マニュアル化など、学習項目はいくらでもあります。

これは、テーマと大枠を決めて、行動計画、担当チーム、作業状況のチェック手段を決めます。

在社してもする事がないのではなく、積極的に将来への仕掛けを粛々としてもらう事です。

考えてみれば、こんな時間はこんな状況にならない限り生まれないのですから。

 

3、過去リストへコンテンツ提供

これまで施主、内覧会の来場者リストを再整理します。

そこにさきほどの「未来の為のコンテンツ」から、メルマガやSNSでのコンテンツ提供、場合によっては小冊子による郵送を行います。

この住宅会社は紹介比率が圧倒的に高い事から、内覧会はあまり実施していないので、見込み客リストがたくさんあるわけではありません。

しかし、既存施主にもリフォームにつながる情報提供などできる事はいくらでもあります。

実は動画で過去施主にリフォーム提案したり、収納グッズを紹介したり、こだわりグッズを紹介したりと、先方も在宅率が高いので、こういうコンテンツ提供は見る時間もあるのです。

 

4、zoomで施主打合せ、社内会議の促進

施主との打ち合わせも、社内会議も半分在宅が進むなら会議や朝礼はzoomで行うことにしました。

施主打合せはデザイン、商品仕様決めには、zoomでも共有画面などを使えばある程度は可能です。

来社したり訪問する事も感染リスクになるので、施主のご理解も得やすいです。

また社内も何も顔を突き合わせて行うばかりが会議ではない事に、多くの企業は気づきだしました。

また、管理職の仕事も見直しの最中です。

テレワークをすることで、管理職の具体的なアウトプットがわかるようになるからです。

これまで見えなかった管理職の仕事が「あの課長は今まで部下ばかりに仕事をさせて、自分では何もできないじゃないか」と白日の下に晒されるのが、テレワークです。

 

こうやった、この非常事態を未来の為に経営スタイルを変えていくチャンスが、今なんだと考え、行動する事が大事だと思います。

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

USPにつながるコンテンツ提供を、この時期に確定させましょう。

そして、時間のあるこの時期にコンテンツの作り込みをしましょう。

その為には、SWOT分析で、USPを決める提案やコーディネートをしましょう。

「中小企業のSWOT分析の第一人者」が直接講義するSWOT分析が、今ならオンライン講義コースで学べます。

【SWOT分析スキル検定 オンライン講義コース】のご案内

内容を動画でもご紹介

【SWOT分析スキル検定初級講座】内容解説

 

記事検索

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

アーカイブ

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012