• 0120-577-797

会計事務所でコンサル部門成功のコツ⑶(重点商品編)

facebookカスタムネイルコンサル部門成功のコツ 重点商品

会計事務所でコンサル部門のブランディングをどうするか?

重点サービス商品をどうするか?

これによって、セミナーの内容や提供コンテンツが変わって

きます。

専任職員自身が未経験のコンサルティングサービスは、受注も

施工も難しいものです。

できれば、これまでの経験が活かせて、コンサルティグ売上になる

ものがベターです。

当社では、3つのコンサルティグ商品を重点的に会計事務所でコン

サル部門に指導しています。

●SWOT分析を活用した根拠ある経営計画書とモニタリング

●経営承継の可視化コンサルティグ

●KSFを明確にしたKPI監査によるモニタリング

これらは、監査担当者が習得すべき付加価値業務です。

だから、それをより専門的に深掘りして、コンサルティグサービスまで

もっていくのが、コンサル部門になるのです。

1、SWOT分析を活用した根拠ある経営計画書とモニタリング

経営計画書支援をUSPにしている会計事務所はたくさんありますが、正直

言って、経営戦略まで具体的に入り込んだ経営計画書支援をする事務所は

なかなかありません。

経営戦略は、思い付きやアイデア、業界の常識だけでクライアントに提案

するものではありません。

しっかりしたメソッドに基づいて、コンサルタントの誘導やファシリテ

ートによって、クライアント自身が自ら気づいてもらう事が大事です。

その為に「SWOT分析を活用した根拠ある経営経営計画書」を推奨して

います。

しかも、抽象的なSWOT分析ではなく、具体的な固有名詞に入り込んだ

ノウハウとメソッドで行わなければ意味がありません。

弊社のSWOT分析専門書シリーズ第6弾

「SWOT分析を活用した根拠ある経営計画書事例集」

書籍「SWOT分析を活用した根拠ある経営計画書事例集」

のノウハウに沿って、わずか5枚の経営計画書を作成支援して、モニタリ

ングすれば効果的なコンサルティングが可能です。

※このノウハウを公開するセミナーが3月4日(水)東京神田で開催されます。

3月4日(水)東京神田 「SWOT分析を活用した根拠ある経営計画書ノウハウセミナー」

ここでも、単なる経営計画書作成支援ではなく、「SWOT分析メソッド」

を使った事に意味があります。

まだ、会計事務所で「SWOT分析」をフル活用している所は少ないようです。

※SWOT分析ノウハウやテクニックを学びたいなら、

4月25日㈯「第5期SWOT分析スキル検定初級講座」

同じ経営計画書支援でも、「どこか他の会計事務所とは切り口が違う」事をPR

する必要があります。

2、経営承継の可視化コンサルティング

多くの会計事務所では、事業承継や財産相続、相続税などの支援を行っています。

専任者も経験したかもしれません。

それだけ、その分野は身近な存在です。しかし

他の会計事務所と同じような「相続税中心」に支援では、全く差別化できません。

むしろ、「非財産相続承継問題」にスポットを当てたコンサルティングの方が目立

ちます。

それが、「経営承継の可視化コンサルティグ」です。

具体的には、経営戦略承継、組織人事承継、価値観承継というジャンルを明文化し

ていくものです。

そして、このコンサルティグでアウトプットされるのが

⑴経営承継10か年カレンダーでトータルプラン

⑵役員幹部の職務範囲、業績責任の明確化

⑶後継者時代の中期経営戦略・中期経営ビジョンづくり

⑷会長、社長の職務権限移譲計画書

⑸価値観承継の肝 経営判断基準づくり

こういうものです。

そして、これらが円滑に進んでいるかをモニタリングする事を「経営承継顧問」

と呼んでいます。

経営承継可視化について、YouTubeで解説しています。

今後の有望分野:事業承継の見える化

3、KSFを明確にしたKPI監査とモニタリング

KSFとは「key success factor=重要成功要因」

KPIとは「key Performance Indicator=重要業績指標」

の略です。

売上や利益の結果を追いかけずに、その重要なプロセスをモニタリングしていき、

行動計画の修正や再検討をしていくものです。

KSFやKPIをつかむことで、そのクライアントの具体的な経営課題、営業課題、

生産課題などが明確になります。

それについて、経営者や役員幹部と一緒にモニタリングをしていけば、自動的に

「経営顧問」になっていきます。

今まで、結果だけのモニタリングを、このKSF、KPIをパッケージ化してモニタ

リングを提案していくことは差別化になります。

※KPI監査の進め方の解説やチェックリストが無料でダウンロードできます。

クラウド会計 RPA時代の訪問監査時の付加価値「経営計画監査」「KPI監査」の現場で使うチェックリスト

会計事務所のコンサルティグ部門は、これら3つの商材をベースに、セミナー、コン

テンツ提供、無料相談会などの継続的に展開していくことが「コンサルティング受注」につな

がると経験的に確信しています。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

会計事務所のコンサル部門 成功に参考動画教材

「地方で成功するコンサルタント事務所経営」(50講義1000分)が【決算キャンペーン】

で50%off

会計事務所であれ、コンサルタント起業であれ、「成功のコツ」は同じようなものです。

これまで、80名にコンサルタントの育成と地方で33年間固定収入2000万円以上を維持してきた

ノウハウを公開。

●受注の仕方

●営業企画の具体例

●コンサルティング現場の中身

●スキルアップの仕方

●ブランディングの仕方 等々

地方でも、これを継続してやれば、最低でもここまで生産性を確保できる

実例ばかりです。

しかも、この動画は何回でも視聴して、頭の中に叩き込んで欲しい内容です。

コンサルタント起業向け教材「地方で成功するコンサルタント事務所経営」

 

 

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

アーカイブ

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012