• 0120-577-797

人材不足の課題が進まず、愚痴ばかりの会議だと、解約されやすい?

facebookカスタムネイル人材採用ばかりは解約

全国的に人手不足で、いろいろな事業所で支障をきたしています。

経営者からの相談でも

「人材採用が難しい」

「従業員が辞める」

「幹部が育たない」

「後継者が育たない」

こんな相談を受ける事が多いでしょう。

その中でも「人手不足に対する相談」は、結構多いはず。

しかし、そのことばかりに対応すると、実はかコンサルティングを解約

される可能性があることをご存知でしょうか?

1、「ヒトの採用」は解決策が見つからない

例えば、「人材を採用したい」と経営者が思っても、給与や休日面で「求職者の

メリット」が出せないと、なかなか採用は難しい。

また、ハローワークや求人広告を出しても、反応がない中小零細企業が圧倒的です。

これに対して、コンサルタントや会計事務所職員は、何をアドバイスして、

解決策を提案するでしょうか?

「ホームページの募集要項に動画を付けて、興味をひきましょう」

「今の従業員にインセンティブを出して紹介を貰いましょう」

「SNSで起業情報を発信し、好イメージを演出しましょう」

「ネットの求人企業に掲載しましょう」

「学校回りをして、PRしましょう」  等々

手段はいろいろあります。

しかし、中小零細企業は、どれ一つとっても、実行できない場合が多い

ですね。

「良い対策だけど、誰もノウハウがないし、時間もない中で、一体誰がやるんだ」

「そんな準備をする人がいない」

「そんなことを外注したら、コストが高くて払えない」

等と、できない理由がただ続くだけです。

なにも前進しません。

2、前進しない「ヒトの課題」を数回繰り返すと・・・

経営者は、コンサルタントや会計事務所職員と話しても、生産的でないと感じます。

更に、顧問料やコンサルティング料を払っていると、「こんな堂々巡りの話に費用

はかけられない」と思います。

「ヒトの採用問題」を相談してきたのは、経営者自身です。

なのに、その会話が前進しない事にいら立ちを覚えるのです。

コンサルタントや会計事務所職員側の「こんな何も決定しない、堂々巡りの慶会議に意味がない」

と思っています。

経営者、コンサルタントや会計事務所職員双方が、袋小路な気分な訳です。

3、人材採用結果よりも、準備対策や採用後の離職対策で具体的なアウトプットを優先

ある意味、どんな手段を講じても人材採用ができない時は、採用をしたというていで、採用後に

離職させない対策、今いる従業員が離職しない、生産性を上げる為の具体的なアウトプットを

提案することです。

経営者は、無駄過ごす会議にいら立ち、「高いかカネを払って、何も進まない」と感じています。

だったら、「具体的なアウトプット」を優先して、「カタチを作りあげる」方が得策です。

もっというなら、「人材採用」ではないテーマで、議論することです。

「人材がいなければ、何もできない」という経営者はいますが、こちらの提案としては

「今いる人員で、今ある設備で、今できる資金で、できる事をする」、これが基本になります。

この考え方は「カイゼン活動」そのものですね。

だから、結果のでない人材採用対策ではなく、他の課題やアウトプットに再フォーカスするのが

常套手段になります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

経営者からのいろいろな経営相談に対して、プロのコンサルタントは「適切な返し」をします。

この「適切な返し」は、適切な再質問、適切なヒントだしを言います。

いきなり、「こうしたらいいです」と答えじみた事が言いません。

即答えらしきことを言うと、経営者は「そんな一般的な位知っている。何を偉そうに言っている

のか」と、コンサルタントや会計事務所職員を値踏みします。

そこで、プロのコンサルタントが、経営者からの色々な質問に対して、どんな「適切な返し」を

しているか、2000項目のアドバイスつきチェックリストを作成しました。

これは、新人コンサルタントの知識教育をする時に活用している「プロコンサルタント会社の

マル秘教材」です。

この社外秘ノウハウをExcel、Wordにして一般公開します。

当社の3月末までの「決算キャンペーン」として、50%offの特別価格です。

「経営知識がすべてではありませんが、経営知識はある方が、経営者面談の付加価値は上がります」

詳しくはこちらから

51の経営課題・テーマ別2000のヒアリングチェックリスト (改訂版) 

 --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

経営戦略を経営者と一緒に考えるコンサルタントは、 緊急時も「重宝がられる」ものです。

何故なら、経営者が決断できない、誰かに相談したい事が 含まれるからです。

この経営戦略を立案する武器こそ、「SWOT分析スキル」です。

第5期の「SWOT分析スキル検定初級講座」が、 4月25日㈯に開講されます。

今、申込も増えています。

あなたも是非、この機会に「本物のSWOT分析ノウハウ」を 習得しませんか?

今年度の初級検定は、1回限りの可能性があるので、是非 この機会にご受講ください。

4月25日㈯「第5期SWOT分析スキル検定 初級講座」 開催要項

記事検索

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

アーカイブ

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012