• 0120-577-797

結果数値と経費だけ指摘する監査担当者に嫌気?

facebookカスタムネイル結果だけ指摘の監査担当者嫌

これは、ある経営者から聞いた話です。

この経営者は社会福祉法人を経営しています。

ここの顧問税理士事務所の職員が、毎月監査にきているのですが、

その対応に不満があり、監査担当者との面談を拒否し、事務長に任せているそうです。

この経営者が言うには、

「介護施設がメインなので、そうそう毎月売上に変動はありません。

あるとしても、利用者の入院が増える冬場には、稼働率が下がり

売上が減ることくらいです。

しかし、その監査担当者は、当たり前にように先月の業績結果を伝え、

また経費が少しでも変動したら、そこを聞いてきます。

そんなんだったら、いちいち自分が会う必要はないので、

事務長に任せています。正直、時間のムダですからね」と。

実はよく見る光景で、会計事務所職員は、

「出てきた表面的な数値」をただ伝えるだけで、その数値の背景や対策、

未来像に深入りしていないのがほとんどです。

そこに、この社福の経営者は「高い顧問料払っているのに、なんだかなあ」

と疑問を持っているのです。

 

1、KPI監査の話をしたら、その経営者は突然・・・・

その話の続きで、その経営者に私が、

「副理事、実は収支結果は一般にKGI(keygoalIndicator=重要到達目標)と

言われるもので、これは単なる結果に過ぎません。

そのKGIを出す為に必要な戦略目標とは、

KSF(keySuccessFactor=重要成功要因)といい、

そのKSFごとに、行動プロセスを数値化した目標を、

KPI(keyPerformanceIndicator=重要業績指標)といいます。

このKPIを細かく設定し、追いかけていけば、必然的にKGIが良くなるという

ロジックです。

このKPIを監査担当者が指導してくれたら、どう思いますか?・・・」

と話した途端、その経営者は

「そこなんですよ。そこが欲しいのです。それを指導してくれたら、

事務長じゃなく私が直接会いますよ。」

と語気強く言われました。

 

2、監査担当者はKPIを一緒に作り、モニタリングすべき

もう、出てきた数字のKGIばかりつつく監査担当者は、不要な時代です。

その根拠となるKSFやKPIをじっくり経営者と煮詰め、それをモニタリングする。

そして、KPI目標がうまくいっていないなら、その対策を一緒に議論し、

次月までの対策を議事録に記載し、次回モニタリングする、というKPI監査が今、

必要だと思います。

KPI監査は、従来の会計事務所の仕事ではありませんが、

「結果チェックの事務所からプロセスチェックの事務所へ転換」

を図るチャンスと言えます。

 

3、KPI監査を目指すと、職員の面談力が変わる?

KPI監査を定例化、仕組み化していくと、

職員が経営者から聴きだすヒアリング内容が変わっていきます。

今までの通り一遍の内容から、深くリアルな事実を知ろうとします。

更に、行動プロセスを数値に置き換えるという事で、

やはりチェックしているのは数字です。

しかし、KGIではなく、行動プロセスの数値チェックとその修正対策なので、

経営者も本気で話してくれます。

 

今後、私のクライアントの会計事務所でも、

KPI監査ノウハウをどんどん指導していこうと思っています。

会計事務所のコンサルティング 動画

 

 

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

アーカイブ

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012