• 0120-577-797

コンサルタントとして自分の武器が見つけられない?

facebookカスタムネイルコンサルの武器

 

いろいろな経験や実績を積んで、コンサルタントの道に進もうとする

方は多いと思います。

しかし、80名のコンサルタントや起業希望者と触れ合って感じた事は、

「独立起業するのは良いけど、あなたは他のコンサルタントと何が違うのか?」

と疑問に思ったケースが多いのです。

コンサルタントと言っても、掃いて捨てるほど、世の中にはいます。

その中で「あなたでなければならない理由」がなければ、一人コンサルタント事務所

経営は厳しいものになります。

 

1、勘違いしている自分の武器

正直、多くのコンサルタントや起業希望者は、自分のコンサルティング武器に対して、

誤解しているようです。

⑴〇〇業界が長いから、その業界の事はよくわかっている

⑵自分には〇〇スキルがあるから、それで受注をしたい

⑶知り合いから「君の〇〇技術はスゴイから、コンサルタントができる」と言われた

⑷「独立するなら、君にコンサルティングを依頼するよ」と知り合いの社長から言われた

⑸コンサルタント養成講座や資格試験のメンバーを見ても、自分の方が上だと思った  

⑹フットワークが軽いから、コンサルタントに向いている 

⑺営業力、プレゼン力はある方だから、自信がある   等々

独立起業する前には、こんな事が自分の武器になると思っているでしょう。

しかし、残念ながら、これでは「USP(独自のウリ)」にはなりません。

そんな人は五万といるからです。

 

2、「10の質問」で自分のスキルの棚卸を行い、USPを発見

あなたの実績、経験、スキルが、本当に世間でPRできるのか、自問自答が必要です。

その時、どんな自問自答をすれば、自分の武器(USP)を発見できるでしょうか?

下記は、コンサルタント起業や転職をする際に、「パーソナルSWOT分析」を行う

時の10の質問です。

これに明確な答えがあるなら、コンサルタント起業での成功確率は少し上がるでしょう。

自身の棚卸

もし、あなたが「自分のUSP」を至急見つけたいなら、「SWOT分析スキル検定初級講座」

で行われる「セルフSWOT分析」を体感してみる事をお勧めします。

詳しくはこちらから。「第4期SWOT分析スキル検定」は、2019年9月27日です。

2019年9月27日開催「第4期SWOT分析スキル検定初級講座」 開催要項

 

 

 

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

アーカイブ

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012