• 0120-577-797

顧問先経営者とマンネリ打破の突破口とは?

facebookカスタムネイル 突破口

長年、経営顧問をしていると、倦怠期の夫婦みたいなもので、

マンネリで会議が進む事があります。

一度や二度ならいいのですが、数カ月間も「マンネリ会議」

「マンネリ経営者面談」を続けていると、解約の信号が点滅して

いる事に気づきます。

ここで、コンサルタントはいくつかの「マンネリ打破対策」が

あります。

1、課題発見研修を提案

2、簡易経営診断の提案

3、顧客調査提案

4、必要マニュアル作成提案

5、SWOT分析で中期計画の見直し提案

です。

1、課題発見研修の提案

これは、経営者とだけでなく、幹部や社員を交えた、「現状の課題分析」

を半日会議などで行うものです。

現状認識すると、今後取り組むべき新たな課題が明確になります。

経営者とだけ話していると、それがだんだん見えなくなっているから

マンネリになるのです。

幹部社員からの現場の声を整理し、課題解決の方向性を決める研修のコーディ

ネーターを行う事で、再度コンサルティングテーマが発見されます。

2、簡易経営診断の提案

簡易経営診断は、社員アンケート、現場インタビューなどを通じて、個別の生の

声や意見を聞くことです。診断ですから、問題点とその原因を整理するだけで結構

です。これも経営者とだけの面談でマンネリになった場合、社員幹部の意見を反映

させる事で、新たなテーマが発見される訳です。

3、顧客調査提案

経営者とのマンネリなど関係ないのが、顧客の意見です。

顧客アンケートのフレームを用意し提案してもいいし、コンサルタント自身が直接

「顧客満足度調査」と称して、アポをとって訪問面談しても結構です。

顧客の生の声を、経営会議などでフィードバックすると、一気に新たなテーマアップ

ができ、会議や具体策づくりも活性化します。

4、必要マニュアル作成提案

マンネリの関係は、最近明確なアウトレットがない場合がほとんどです。

そこで、今一番必要なマニュアル等(眼でわかるツール)を作るよう提案します。

そして、その議事録やマニュアルの我々コンサルタントが直接、会議や面談などで

聴きながら、PC入力して仕上げていきます。

これができると、コンサルタントの幅が大きく広がります。

5、SWOT分析で中期計画の見直し提案

マンネリは将来像が見えない場合に起こりやすいといえます。

目的やテーマ、目標が経営者に見えていない訳です。

そこで、再度、SWOT分析を行い、「目指すべき中期戦略」を明文化し、中期計画

として文書化するコンサルティングをします。

新たな戦略目標が経営者にも、コンサルタントにも見えれば、マンネリはいつの間にか

消えてしまいます。

 

やはりSWOT分析スキルがあれば、こんな時も便利ですね。

SWOT分析スキル検定で、SWOT分析を使ったノウハウを学びませんか?

 

 

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

アーカイブ

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012