• 0120-577-797

社会福祉法人で「部長」という仕事は何?

どの組織にも共通の課題は

「決まったことを決まったように実行できない」

という事です。

●方針や目標も出している

●各種の会議でいろいろな対策を出している

しかし、その決まり事を実行しなければ、何の成果も

ありません。

しかも、質が悪いのは、その決まり事を担う管理職や責任者

クラスが、自ら実施していないから、当然、部下も行動する

はずがありません。

そうやって、「悪い躾」が、組織にまん延すると、ミスやトラブル、

品質問題、そして職員の退職という、課題山積の病院、介護施設

が出来上がるのです。

そこで、問題になってくるのが、高給を貰っている「部長」クラス

の存在価値です。

 

1、部長クラスは何の仕事をしているのか?

病院、介護施設において、組織が大きくなってくると、現場にいろいろ

な権限や責任がついてきます。

実際の実務責任者は現場の主任、課長クラスです。

部長などという役職は、いつの間にか

⑴会議資料を作成

⑵部門会議の運営

⑶リーダー責任者クラスの人事評価

⑷外部との窓口

⑸部門間連携の調整役

⑹経営者からの指示を各責任者にメッセンジャーする

こういう業務が多くなります。

確かに「調整機能」「文書業務」は大事ですが、それだけで

「高給に相応しい役職」といえるでしょうか?

 

2、部長クラスのミッションとは

本来、現場実務を持たない部長クラスの仕事とは、また

現場が助かる部長クラスの仕事とは何か?

大きく分けて、3つあります。

⑴新規チャレンジ機能

⑵マネジメント機能

⑶モチベーションアップ機能

それぞれ、どういう業務か見ていきましょう。

 

3、新規チャレンジ機能

現場は日常業務に追われ、目の前の仕事を回す事に精一杯

です。だから、新たな事に提案したり、気づいたりする事

は現実的に難しいものです。

だから、現場リーダー責任者クラスに、

「君たちは、問題意識をもって提案しなさい」

と部長クラスで訓示する人がいますが、その「問題意識をもって

提案する人こそ、部長」なのです。

自分の仕事を部下に押し付けるとは何事か、という事です。

実際の新規チャレンジとは、

⑴新たな利用者、患者サービスを開発

⑵法制度や同業他施設の動きからの、導入すべき事項や計画、企画

⑶職員が気づきを上げる為に、仕組みやルール、マニュアルづくり

⑷人材採用難に合わせて、採用が円滑になる新取り組み

⑸組織課題、品質課題を一つずつ改善する為のプロジェクト運営の責任

他にもいろいろあるでしょう。

そのすべてが、今日明日の成果を求めるのではなく、半年後、1年後、3年後

の成果の為の「新規チャレンジ」です。

 

、マネジメント機能

マネジメントとは、前述のように「決まったことを決まったようにさせる」

事です。

現場リーダー責任者クラスは、忙殺されて、ついうっかり、決まり事を忘れる

事もあるし、部下が動かない場合もあります。

それを、部長クラスが「後出しじゃんけん」のように、問題が起こった後に

「何故やらないんだ」といっても、後の祭りです。

多分、現場のリーダー責任者クラスは、「問題が起こった後、叱責するには誰だって

できる」と、内心怒りを覚えているかもしれません。

もし、それまでに「問題やトラブル」が起こる可能性の箇所に、随時チェックが入り、

何回も指摘されたにも関わらず「問題やトラブル」が起こったとしたら、現場のリーダー

責任者クラスはどう思うか?

「あの時、部長から指示された時にやっていれば、このような問題はなかった」

と、部長指示のありがたさを感じるはずです。

その為には、部長クラスは定期的な「業務監査」が求められています。

この中身は後日、ご紹介します。

 

5、モチベーションアップ機能

職員のモチベーションアップは、日頃一緒にいる現場リーダー責任者クラスが、先ずやる

べきです。

しかし、実務に追われている現場リーダー責任者クラスは、なかなか部下のケアまで、眼が

届いてないケースが多いようです。

また、直接の上司である現場リーダー責任者クラスは、部下からすると「人間関係ストレス」の張本人のケースもあります。

そういう上司に、心のケアを求めません。

しかし、直接の部下ではない立場の部長クラスは、物事を俯瞰してみれるし、年齢や役職が

違い過ぎるという安心感もあります。

先日の「新入職員が育つ、夕方の茶話会」というブログでの紹介しましたが、そういう

コミュニケーション機能を、部長クラスが自ら推進して、現場リーダー責任者クラスの部下育成のサポートをする事は、組織にとっても有益です。

 

部長クラスは、具体的な仕事をしなくても、調整とか管理などと称して、1日は過ぎていき

ます。高い時給をもらいながらも。

しかし、部下や経営陣の眼をごまかす事はできません。

経営者や部下は、部長クラスに対して、「具体的なアウトプット」をもとめています。

 

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

アーカイブ

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012