• 0120-577-797

入職時初期教育をパターン化する

新卒職員が入職しても、新卒教育のパッケージができていない

と、現場の責任者任せになってしまいます。

新卒を責任をもって段階的に育成する責任者もいれば、

OJTもほどほどで、ただ作業者としてこき使うだけの責任者も

います。

特に、現場に余裕がない部門では、責任者も作業者として目一杯

働いているので、新卒のケアもおざなりになりがち。

すると放置された新卒は、自分勝手な価値観を持ってしまって、

悪い先輩の影響を受けたり、未来に展望が開けず早々に退職願い

を出してしまいます。

そういう組織は、本当にムダな新卒の使い方をして、新卒の人生を軽ん

じている訳です。

新卒採用は社会に出た初めての職場になります。

中地採用以上に採用側には責任があります。

だから現場のOJT任せにしているということは、「新卒採用の社会的

責任」を全うしていないというそしりは免れないのでは。

 

1、採用後6か月は誰が教育しても同じシステムで共通化

教える先輩上司によって多少の違いはあっても、入職後6か月間は同じ

プログラムを経験をしてもらうことが大事です。

特に基礎教育の期間ですし、社会人として、組織人としてのルールを

徹底的に頭に叩き込む期間です。

こういう社会人としての基礎教育をしてない若手職員が、その後自分勝手な

振る舞いをしたり、悪い先輩のマネをしています。

基礎教育は途中から修正が難しいので、新卒時期が一番のチャンスなんです。

入職後6カ月間の教育システムとは、経験日数別の行うことを明確化する

ことです。

教育のシステム・実施項目は大きく分けて4つです

①講義・面談

②マニュアル読破・動画視聴

③現場経験

④文書作成

この4つを期間別にテーマに沿ってカリキュラム化します。

しかも、誰が教育しても大きく変わらないように、パッケージにして

おきます。

 

2、入職後1カ月で実施すべき事

最初の1週間は分からないことだらけです。

総務がいかに就業規則を説明しようが、法人の概要を説明しようが、

日本語が頭に入りません。

だから、質問も出ません。

この1週間で一番大事なことは、

①職場で使う専門用語・常識用語を暗記させること

②上司先輩から指示されたときに対応

③上司先輩、同僚、利用者患者に好かれる為の行動原則

④職場で守るルール(報連相、届け出、挨拶、決まり…)

これらを1週間の中でを面談説明し、その感想を発表させることで、

「何故、それが重要かを新卒なりに考えさせ、言葉にさせる」

訓練に使います。

むろん、各現場で実習しつつ、その時間を確保するのです。

 

3、入職議3か月で実施すべきこと

3か月というには、試用期間が終わり、原則的に正職員になることが

ほとんどです。

正職員になる時、何もなく、なんとなく当たり前のように正職員の辞令

を出すことは避けたいところです。

●「1カ月目を終えてのレポート」と「現場経験の感想の発表(パワー

ポイントを使って会議等で発表)

●「2か月目を終えてのレポート」と「現場経験の感想の発表」

●「3か月を終えてのレポート」と「3カ月間現場で経験した事をそれ

からの失敗や反省、喜びなどを会議等でパワーポイントに書かせて、発表」

実際的にこの3か月間は、訳も分からず上司の指示通り動いてきただけです。

この3か月間に必要なことは、「上司先輩との信頼関係」をがっちり作る期間

です。

だから、毎日の仕事終了後のフォロー面談が大事です。

そのフォロー面談は「教育パッケージのチェック表」に沿って行うのが良い

でしょう。

 

4、個人ごと「教育カルテ」の作成

今、病院介護施設だけでなく、中小中堅企業での「個人ごと教育カルテ」を求

める経営者が増えています。

これは1冊のノートに「入職時からの様子や学び、疑問が掛かれ、各期間ごとの

受けるべき教育指導の結果がチェック」されているものです。

具体的には、下記の要素でファイル化されています。(小冊子でもデータでも可)

①履歴書コピー

②入職後期間別の教育項目一覧とチェック欄

③テーマ別の講義面談で学んだこと、疑問点レポートと上司の赤ペン指導

④テーマ別のマニュアル読破、動画視聴結果の学んだこと、疑問点レポートと上司の赤ペン指導

⑤現場実習や会議、イベント参加時の感想と疑問点レポートと上司の赤ペン指導

⑥1カ月目、3か月目、6カ月目の経営管理職との面談の感想文

これらを1冊のファイルに閉じて、本人と上司は双方の提出と赤ペン指導を繰り返します。

彼らの新人期間の疑問は、そのまま来年も新人の疑問であり、改善テーマとして取り組むことで

よし新卒が育ちやすい環境を作ります。

 

規模が大きい所は人事部がそういう機能を持ち、各上司に指示があるでしょう。

しかしほとんどの中小中堅の病院や社会福祉法人は、現場任せになるので、せめてこういう

パッケージを先に作成して、「教育の平準化」を目指すべきですね。

 

私たちも依頼を受けて、こういうパッケージづくりをコンサルティングしていますが、2,3年

もすると、だんだん現場で使える簡易なものに現場自身が変更していきます。

それでも継続されることが大事なことだと考えています。

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

アーカイブ

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012