• 0120-577-797

賞与評価に「良かった事」評価を入れる

毎年、年度末や夏冬の賞与の時期に、評価をめぐって

頭を悩ます管理者は多いものです。

どちらかというと、「マイナス事項を取り上げ、その是正の

指導をする」場合が多い「日本型評価制度」。

最近でこそ「長所進展」などと、「良い点」や「強み」に

目を向けて育成しようとする動きはありますが、まだまだ

「短所追求型」が多いと感じます。

しかし、多くの病院・介護施設で人事制度をコンサルティング

してきた経験から言えば、問題点・悪い点ばかり言われても、

モチベーションは上がりません。

しかも、「良かった点」「貢献した点」が何か、その根拠が職員

にも、評価する管理職責任者にも曖昧なケースが見受けられます。

 

1、職員は何がよい結果になるのかわかっていない

人事評価項目にはいろいろ書いていますね。

規律性、責任感、協調性、積極性など、また仕事評価もいろいろ

です。

しかし、具体的に「この半年間、何をしてどんな結果を出した

からこの部分は高い点数がもらえた」というフィードバックが

ない限り、

「何故、自分の評価はBなんだろうか?」

「自分の何がよくて、何が課題だと上司は思って点数をつけているのか」

分かりません。

 

2.この期間の「良かった事」評価を具体的に決める

実際に何をどうしたら「良い評価」が貰えるのかを具体的に定義する

必要があります。

例えば

①患者、利用者、その家族から「してくれてありがたかった出来事」に

 対する褒め。それが複数回

②業務時間の短縮のアイデアを提案して、実施の結果、他の職員も効果がでたこと

③この期間に通常業務以外に、複数のタスクや業務をこなし、貢献した事

④時間の掛かる仕事をカタチにしてやり終え、残った事例  など

実は

「縁の下の貢献」

「誰の頑張りで成果が出たのか特定できない事項」

などは「眼に見えない」ので成果として挙げられません。

「謙虚が美徳」と言われますが、個人評価では、やはり「眼で見て分かる成果」

優先されるのです。

 

3、「良かった評価」を面談でフィードバック

こうした「良かった評価」を評価後面談でしっかりフィードバックしな

ければなりません。

但し、たくさんある評価項目の中で埋もれては、その「良かった評価」がどう

評価結果に反映されているか、職員には分かりません。

そこで、「良かった評価」は、平均点が決まった後に、「管理者持ち分」として

0~0.5まで0.1刻みで、平均点にプラスします。

しかも、その出来事を評価シートの記述欄に「いつ頃、どんな行動で、どんな貢献

と成果がでた」事を記載しておくのです。

すると、「良かった評価」は大きくクローズアップされます。

そこで初めて職員は「ああ、あの事をこんなカタチでプラスに評価してくれ

たんだ。これからも頑張ろう」という構図になっていくのです。

 

 

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

アーカイブ

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012