• 0120-577-797

独自の中期ビジョンが明確になれば、後継者は「やる気」になる

後継者であれ、現経営者であれ、自社のこれからの方向性や独自戦略

が決まり、それに向けて邁進している時には、やる気が出るものです。

だから、後継者が承継されるときには、必ず「中期ビジョン」の作成

を提案しています。

〔1〕 中期ビジョンとはどんなもの?

 元来「中期ビジョン」とは、3~5年先の自社のあるべき姿を明確に文書化したものです。

これは、理念や社是、経営基本方針とは異なり、具体的な戦略や企業体制がイメージでき

るものではなければなりません。

中期ビジョンに不可欠な要素としては

●ニッチ市場やニッチカテゴリー・・・どういう市場・分野を強化するか、シェアを取るか、

 先鞭をつけるか

●重点商品政策・・・商品開発・開拓、商品の取捨選択、商品のブラッシュアップ、専門の

 社内体制

●重点顧客政策・・・顧客開発・開拓、顧客管理、既存客フォロー、専門の社内体制

●ビジョンを反映した「中期利益計画(損益計画)」

●ビジョンを実行する為のロードマップ(工程表)

ビジョンが明確なら組織のまとまり感も高くなり、全従業員のベクトルも合わせやす

くなります。

ここで、大事な事は、「ビジョン」とは、「強化すべき事」と「強化しない事」をハッキ

リすることでもあります。

だから、理念的な内容や総論的な内容を「ビジョン」とは言えない訳です。

 

〔2〕 中期ビジョン(中期経営計画)に必要な着眼点

中期ビジョン(中期経営計画)は、「変革していくことが前提の経営計画」

です。

現状の延長線上に3年後、5年後があると確信している企業なら、「理念」や

「基本方針」だけでも構いません。

しかし、無透明な未来に対して、「勝てる戦略」を明確にすることが中期

ビジョンの目的でもあります。

そこで、概念的ですが、中期ビジョンに入れたい着眼点は、次の4つになります。

●「新たなに始める事」…新たな戦略、新たな商品、新たな顧客、新たな取り組

 みを始めて、3年後の礎にすることが何らかの形で入っていなければなりません。

「減らす・止める事」…選択と集中として、ニッチ市場やニッチカテゴリーに経営

 資源を重点的に配分するなら、「既存に効果性のない取り組み、商品、顧客、市場」

 のどれかを撤退縮小しなければなりません。ただ、これは内々に進める事が重要です。

「変革・革新する事」…今行っている戦略、商品、顧客、市場について、何をどう変

 えるか、姿形を変えるか、方法を変える、かです。

「集中して徹底する事」…経営重点課題に絞って、集中的に行う事です。選択と集中

 の結果、「〇〇と言えば、当社だね」と言われる位、特化する事を意味します。

これら4つの着眼点が、中期ビジョンの方針や戦略に入っているかを確認していただ

きたいと思います。

 

この中期ビジョンの内容を整理する為に、「SWOT分析」が不可欠だと信じています。

実際に、中期計画の作成コンサルティングをする際に、その理論的な根拠として先に

SWOT分析をしてきましたが、結構な確率で有効に機能してきました。

是非、チャレンジしてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『実録 経営承継失敗物語 【あの会社の事業承継が上手くいかなかった理由とは?】』

の無料電子書籍が好評を頂いています。

まだ、お読みでない方は是非、下記をクリックしてダウンロードしてください。

【無料電子書籍 「何故、この会社の事業承継は上手くいかなかったのか」

 

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

アーカイブ

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012