• 0120-577-797

社長が参加しないコンサルティングでの失敗事例

本来なら中小企業のコンサルティングでは、必ず経営者も絡めて

行うのが常道です。

しかし、ある程度の規模になると、経営者が

「私が出ると幹部が意見を言えないから、幹部だけでお願いします」

「プロジェクトの細かい推進は、〇〇専務中心にお願いします」

等と、経営者が直接関与しないコンサルティングが結構あります。

また、層別・テーマ別の継続研修などでは、経営者は全く参加しな

いものもあります。

しかし、経営者が参加しないコンサルティングや研修は、注意すべき事、

配慮すべき事が結構あります。

私の32年間の経験でも、「ミスった」事は相当あります。

「失敗」しているから、学んでいるのはずなのに、こちらの忙しさ、

別途時間が取れない事などで、この「失敗」はたまに起こります。

今回も私の失敗事例を恥を忍んで公開します。

 

1、専務が報告していると思い込んで、社長への直接の報告を怠った

ある企業の幹部研修です。

毎月1回(半日)の研修を12か月間継続しました。

幹部研修といっても、実務に直結するアウトプットや決定事項を出す

研修なので、「幹部会」みたいなパターンでした。

社長は参加せず、社長へは専務からの報告がルールでした。

研修結果、議事録、決定事項などのアウトプットは毎回データで出します。

専務が社長へ報告するという当初の取り決めがあったので、私は完全に

信じ切ってそのチェックさえもしませんでした。

そんな事は当たり前であり、まさか報告漏れがあるなんて思ってなかっ

た訳です。

 

2、社長から電話でクレーム

研修も6カ月目を過ぎたある日、社長からこんなクレーム電話があり

ました。

「先生は毎月、どんな研修をしているんです?全然報告がないですが?」

「専務から毎月研修後、報告していると思いますが?」

社長

「研修の簡単な結果と感想はありますが、研修内容や何をしたかなんて

全くありません」

「毎回、実務的な決定事項や取り決めの文字化・フォーム化をしている

ので、最低でも5~6枚のデータが作成されています。それを報告して

いると思ってました」

社長

「いいえ、そんなものはありません。一度詳細を教えてください。ちょ

っとこのままなら、研修を続ける事は難しいです。・・・・・」

明らかな不信感のクレームです。

 

3、専務に何故報告しないのか、聴いたら・・・

社長からのクレーム電話の後、社長に会う前に専務にあって、ことの

顛末を確認しました。

すると、専務は

「先生、申し訳ありません。実は報告できないんです。何故なら、詳

細を報告すると、『なんで勝手にそんな事を決めるのか』とか『その

方法では本当に大丈夫か』とか、いわゆる【ちゃぶ台返し】を言われ

て、下手に報告すると、我々も困る事があるんです」

と。

社長は任せていると言いながら、幹部が決めて実行しようとすると、

介入してきて何をやるにも、お伺いをしないと許さないタイプの経営

者でした。

 

4、コンサルタントから直接経営者への報告をしたが、結局・・・

そういう事情を聴いて、次回から研修結果を私が報告をするように

しました。そしてその第1回目に

社長

「先生、困りますよ。こんな事を幹部の意見で勝手に決めてもらっ

ては・・・」

「これは研修での決定事項です。それを専務らが経営会議や社長へ

提案して、実行か、保留か、修正か、却下かを決めてもらうたたき

台です。あくまでもたたき台ですが・・・」

しかし、社長の私への不信感はぬぐえず、残り4カ月の研修を残して

幕引きとなりました。

 

5、幹部の報告を信用してはいけない、やはり報告は直接が良い

「専務が詳細に報告しているはずだ」

そういう認識がこのケースでの失敗でした。

3現主義(現地現場現品)という言葉通り、コンサルタントが直接、

経営者へ報告する事が必須だという事です。

いくら研修カリキュラムを経営者から了承して貰っても、途中で経

営者のニーズや気持ちにも変化があるわけです。

それを、第3者(この場合は専務)の又伝え、又聞きでは、当事者の

本当の声が伝わりません。

 

経営者への報告は初歩の初歩のはずなのに、「やってしまった」とい

う事が、何回も繰り返される、自分の未熟さです。

多忙になると、経営者の時間と自分の時間の調整がつかず、面談でき

ないケースが増えます。

やはり大事なのは、研修前後に経営者面談を入れるようにアポを入れ

ておくという事です。

弱気なコンサルタントや、経営者が苦手なコンサルタントは、こうい

うミスを連発するので要注意です。

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

アーカイブ

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012