• 0120-577-797

「経営計画」の定義が指導する人によってバラバラ?

「社長、経営計画を作りましょう」

という単純な言葉でも、提案する人のとらえ方によってアウトプットは全く違った

ものになります。

「経営計画」とは、百科事典によれば

「企業が将来の経営活動について意思決定を行い,その行動予定を具体的に表現すること」

と定義されています。

どこにも「数値計画」だけとか、「理念的なビジョンだけ」とか書いていません。

しかし、「経営計画」」という言葉の解釈が、提案するコンサルタント、会計事務所でも違うし、

受け取る経営者やクライアントにとっても「とらえ方」がまちまちなのが実態です。

1、「将来ビジョン」を経営計画と認識

将来の構想や「こうありたい」と概念的な方向性を「経営計画」と思っている人もいます。

これは「経営ビジョン」」と定義された方が良いもので、だいたい5~10年後のイメージを

文字化します。

この「経営ビジョン」だったら、どんな項目が必要か?

①中期経営収支計画(将来の売上、利益、将来のKPI等)

②業界、地域でのビジネスの位置づけ、ポジショニング

③その時の組織体制、労務管理上のKPI等々

「経営ビジョン」は厳密にいえば、「長期経営計画」と言われるものです。

2、中期経営計画を経営計画と認識

中期経営計画は3~5年の未来計画です。

長期計画より、リアルで商品戦略、顧客戦略、価格戦略、ヒト・モノ・カネ・カンリ

が具体的に網羅されます。

また、収支計画も現実的なものが作成されます。

また中期計画には、リアルな各種戦略を実行する為の「ロードマップ」(工程表)が不可欠

です。ロードマップがあるから単年度経営計画がより詳細になるのですが…

もし中期計画なのに、長期計画のような概念論や曖昧な収支予想だけなら、レビューもできず

「お題目」で終わる典型的な自己満足型の計画になります。

3、数値計画を「経営計画」と認識

これは会計事務所業界や以前の金融機関に多いものです。

借入返済額から必要な粗利、売上を算出し、「数値だけの予実績管理」を行うものです。

計画書も収支計画、キャッシュフロー計画、資金繰り計画など、「数値羅列計画書」です。

「会計が分からない経営者はダメ」と理屈では分かっていても、無機質な数値だけでは、

行動にまで展開されないケースが多いですね。

でも最近は金融機関も事業性評価の重要性が言われ、財務目標以外の「非財務目標」にも

焦点を当てつつあることは良い傾向だと思います。

4、行動計画(アクションプラン)を経営計画と認識

大体の売上、粗利計画だけがあり、後は詳細な「誰が、何を、いくらで、どこで、いつまでに、

どうする」と5W2Hで、行動計画をミッチリ決めるだけの経営計画もあります。

「実行度」という点では、詳細なアクションプランは担当も、期限も決まっているので、

モニタリングもしやすく、継続と実行さえすれば成果が出やすいものです。

ただチェックの弱い企業は、これも絵に描いた餅に終わるので、やはり成果は出ません。

5、経営計画とはビジョン、収支、KPI、アクションプラン、モニタリングが連動されたもの

我々が目指す「経営計画」とは、

『ビジョン』『収支計画』『KPI(重要業指標)」『アクションプラン』『モニタリング』

が連動したものが理想だと考えています。

『ビジョン』は、3~5年先のポジショニング、商品戦略、顧客戦略、価格戦略、組織体制を

年度ごとに分類します。

『収支計画』は、売上科目別の年度別予定、各種売上、粗利、営業利益をねん出する為の根拠や

戦略や対策が連動するように書かれたもの。

『KPI(重要業績指標)』とは、売上、粗利などの収支計画は結果であり、その結果を出す為

の重要なプロセスを『指標化』したものです。

結果である売上、利益がまだ達成していなくても、プロセスが達成していれば、いずれ結果も達成

するという概念です。

『アクションプラン』とは、四半期ごと、月次ごとで、計画・KPI目標を達成する為の5W2Hが

書かれた行動計画です。多くのモニタリングはこのアクションプランをチェックし、再対策や

再行動を決め、当初決めたことを可能な限り、実行せしめる管理行動です。

6、経営戦略目標・独自化目標なくして、「経営計画」なし

SWOT分析をして「差別化」「独自化」の経営戦略を議論する企業は、「経営計画」にも「面白味

やワクワク感」があります。

「経営計画」が達成できるかどうかは、このワクワク感にあると思います。

何故なら、市況に閉塞感があったり、組織がマンネリしても、「経営者には戦略を追いかける行動力」

があるからです。

どんな業種でも、「こんな戦略を実行したら、今よりはいい結果になるかも?」と期待を持って

貰うには「SWOT分析」は使い勝手の良いメソッドです。

「経営計画」を提案したり、指導したりする方は、是非「SWOT分析メソッド」をもって、「リアルな

経営計画作成支援」をして頂きたいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「SWOT分析コンサルティングの現場指導用マニュアル」の電子書籍が無料ダウンロード

●SWOT分析って、どんなもの?

●SWOT分析経験もないけど、自分でもわかるのかな?

●実際のSWOT分析の現場って、どんな指導をしているの?

こんな疑問をお持ちの「SWOT分析初心者」の方に、

当社代表嶋田が、SWOT分析コンサルティングする コンサルタント向けに書き下ろした「SWOT分析コンサルティング現場指導用マニュアル」の電子書籍 を無料でプレゼントします。

複数のコンサルタントから 「こんなノウハウを無料でプレゼントって、嶋田先生 正気ですか?」

と呆れられた「プロが欲しがる電子書籍」です。

形式はPDFで40ページのレポートです。

下記のサイトからダウンロードしてください。

【SWOT分析コンサルティング現場指導用マニュアル】ダウンロードページ

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

●SWOT分析のノウハウを直に勉強したい

●SWOT分析をコンサルティングの現場ノウハウを直接学習したい

●SWOT分析技術を自分のスキルにしたい

そんなあなたに朗報です。

「第3期SWOT分析スキル検定初級講座」を来る 2019年4月24日㈬に東京神田で開催が決定しました。

募集人員は50名です。

毎回、満席で全国から検定受講に来られます。

是非あなたも、初級資格証を手にして、SWOT分析を現場で活用下さい。

詳しくはこちらまで

【第3期SWOT分析スキル検定 初級講座】

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019年4月24日の「SWOT分析スキル検定初級講座」まで待てない方へ

2019年1月22日㈫東京神田で「SWOT分析コーチングメソッド1日ロープレ研修」を開催します。

これは従来は、検定受講者の更新研修としての位置づけですが、SWOT分析の基礎知識のある方 ならどなたでも受講できます。

研修名の通り、終日ロープレを通して、

SWOT分析現場を再現し「聴きだし技術」「書きだし技術」を 訓練するものです。

「SWOT分析知識はあっても、現場での使い方に自信がない方」は是非ご受講ください。

但し人数制限がありますので、お早目にお申込みください。

11月末に第1次〆ですので、ご注意ください。

第2次募集の枠があまりないケースもありますので。

詳細はこちら

【SWOT分析コーチングメソッド1日ロープレ研修」開催要項

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

アーカイブ

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012