• 0120-577-797

コンサルタントの経営顧問の仕事の中身

経営顧問と聞いて、どんなイメージがあるでしょうか。

●専門知識の先生として、相談されたらその都度教える

 (主に公認会計士や税理士)

●経験豊富な先輩として、若い経営者へ教える

 (社長経験者、大手の経験者が中小企業で顧問になる場合)

●日頃は何もないけど、問題が発生した時、優先的に相談で

  きる(弁護士など)

だいたいこんな感じでしょうか。

では、経営コンサルタントが「経営顧問」になるとは、どん

な事をすればいいのでしょうか。

 

1、経営会議・役員会でのスタンス

まず、最高意思決定機関の会議に参加する事です。

だいたい経営会議とか役員会などです。

毎月1回は開催されるので、確実に参加します。

その経営会議に参加して、何をすべきか?

それは「決定事項を出す役割」に徹する事です。

決定事項とは、いろいろ議論した事を「実施」「保留」

「却下」などに分類し、その各決定事項の5W2H

(だれが、いつまでに、何を、なぜ、どこで、どのよ

うに、いくらで)を決める事です。

役員会などの上層部の会議では、これが意外に曖昧に

なることがあります。

ましてや中小零細企業では、誰も5W2Hを言う人が

いません。

だから経営顧問たるコンサルタントが言うのです。

 

2、決め切らない経営に対して、顧問が行う責任

会議とは、

会して 議し

議して 決し

決して 行い

行いて、その責をとる

の略語だと聞いた事があります。

高給取りの方々が、雁首をそろえて「小田原評定」をしてい

ては、コスト管理もあったものではありません。

役員会・経営会議も「案件処理で決める」為にやっているの

です。

だから、議論ばかり錯綜して、ああでもないこうでもないと

時間ばかり空費している場合、

「この件は、誰がやるんですか?専務がしますか?で、いつ

やるんですか?何か条件が必要ではないですか?」

と畳みかけるのが顧問の仕事だと思っています。

(中堅規模の企業でも結構多いスタイル)

 

3、経営者が言いにくいことを、第3者とし

て代弁する

独断ワンマン強面の経営者なら、遠慮なく煮え切ら

ない各役員に「これは専務がやり給え」と指示もでき

るでしょう。

指示された専務も「はい」というでしょう。

しかし、民主的なマネジメントをしようとしている経

営者、自分より経験が多い役員ばかりの後継者、年下

の経営者、気弱な経営者などは、そんな圧力的な指示

ができません。

すると、「やらねばならないが、いろいろあるから今

はできないし、それは自分が言うべきでもないし」と

、黙っている役員はそんな事を考えています。

だから議論が停滞します。

本当は、経営者も「この件、専務がすべきだが、多分

抵抗するだろうな?」などと、経営者も遠慮がある場

合もあります。

そんな時、顧問であるコンサルタントが

「社長、この件は本来なら誰がした方が良いでしょうか?」

と振るか、コンサルタント自身が

「これは専務がいいんじゃないですか?」と振ることもあ

ります。

そうする事で、膠着した議論が復活します。

言われた専務が「いやいや今は時間がないですよ」とか

「私ではなく、常務の方が・・・」と。

すると、それに対して議論を深め、最終的な「決定事項」

にもっていくのです。

そうする事で、経営者の言いにくいことが進んでいきます。

こういう事で経営顧問は、経営者から信任が厚くなる場合

が多いですね。

 

4、飽きられるコメンテーター的なコンサルタ

 ントの顧問

ある大手経営コンサルタント会社のコンサルタントが経営

会議に出ている現場を見たことがあります。

そのコンサルタントは会議の冒頭と終わりにコメントを言

うだけです。

コンサルタントがしゃしゃり出るものではないと思ってい

るのでしょうか?

別に経営会議で発言しなくても、

「事前の経営者面談や根回しているから良い」

「後から幹部会議で指導するから、今はお客さんで良い」

「専門用語の中身が分からないから、下手に聞くと議論の

時間がかかるから黙っていよう」

とでも思っているのでしょうか?

いずれにしても、経営会議で「決定事項」を出すという

使命がないと、

「高いコンサルタント料を払って、コメントだけかよ」

と陰口を叩かれます。

経営者がコンサルタントを重要視している間はいいです

が、心変わりされると一斉に総スカンです。

しかし、経営会議で「決定事項推進」をすると

「この先生がいないと会議が進まない」

と思われるので、超長期経営顧問になっていくのです。

 

経営顧問収入は、コンサルタント会社にとっても安定

収入であるし、長期に維持できている事は、コンサル

タントの自信にもなります。

適切な顧問数を確保し、維持する事が大事ですね。

--------------------------------------------------------------------------- 

「SWOT分析コンサルティングの現場指導用マニュアル」

の電子書籍が無料ダウンロード

●SWOT分析って、どんなもの?

●SWOT分析経験もないけど、自分でもわかるのかな?

●実際のSWOT分析の現場って、どんな指導をしているの?

こんな疑問をお持ちの「SWOT分析初心者」の方に、当社

代表嶋田が、SWOT分析コンサルティングする コンサルタ

ント向けに書き下ろした

「SWOT分析コンサルティング現場指導用マニュアル」

の電子書籍 を無料でプレゼントします。

複数のコンサルタントから

「こんなノウハウを無料でプレゼントって、嶋田先生 

正気ですか?」 と呆れられた「プロが欲しがる電子書籍」

です。

形式はPDFで40ページのレポートです。

下記のサイトからダウンロードしてください。

【SWOT分析コンサルティング現場指導用マニュアル】ダウンロードページ

-----------------------------------------------------------------------------

●SWOT分析のノウハウを直に勉強したい

●SWOT分析をコンサルティングの現場ノウハウを直接

学習したい

●SWOT分析技術を自分のスキルにしたい

そんなあなたに朗報です。

「第3期SWOT分析スキル検定初級講座」を

来る 2019年4月24日㈬に東京神田で開催が決定しました。

募集人員は50名です。

毎回、満席で全国から検定受講に来られます。

是非あなたも、初級資格証を手にして、SWOT分析を現場で

活用下さい。 詳しくはこちらまで

【第3期SWOT分析スキル検定 初級講座】

---------------------------------------------------------------------------------

2019年4月の「SWOT分析スキル検定初級講座」まで待てない方へ

2019年1月22日㈫東京神田で「SWOT分析コーチングメソッド

1日ロープレ研修」を開催します。

これは従来は、検定受講者の更新研修としての位置づけですが、SWOT

分析の基礎知識のある方 ならどなたでも受講できます。

研修名の通り、終日ロープレを通して、SWOT分析現場を再現し「聴き

だし技術」「書きだし技術」を 訓練するものです。

「SWOT分析知識はあっても、現場での使い方に自信がない方」は是非

ご受講ください。

但し人数制限がありますので、お早目にお申込みください。

11月末に第1次〆ですので、ご注意ください。

第2次募集の枠があまりないケースもありますので。

詳細はこちら

【SWOT分析コーチングメソッド1日ロープレ研修」開催要項

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

アーカイブ

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012