• 0120-577-797

事業承継ビジネスで差別化できる盲点

昨日も、当社が主催するSWOT分析検定 マスターコースの方と半日、じっくりコーチングSession

をしました。

この方は、金融や再生に詳しく生保業界にも多くの知見と人脈があります。

私の知る限り、この分野において国内ではTOPのコンサルタントの方です。

その方と、「事業承継コンサルティングビジネス」について、いろいろ画策しています。

その中で、私が現在仕込み中の「事業承継の可視化」コンサルティングのツールとコンテンツを見て頂

いたところ、

「嶋田先生、事業承継で、こういう切り口はほかにないですよ。これなら生保の営業も経営者との会話

の切り口にもなるし、新ジャンルですね」と。

むろん、この「事業承継の可視化」コンサルティングは、保険業界だけでなく、金融会、会計事務所

業界も「狙える分野」です。

 

1、事業承継の相続対策、M&Aもどこの事務所も一緒

事業承継を全面に打ち出している会計事務所はあまたあります。

しかし、どのホームページを見ても、ほぼ中身は同じです。

相続対策、財産管理その為のモニタリング。

M&A仲介会社と組んで、後継者がいないなら紹介するビジネス。

こういっては申し訳ないが、その事務所でなければならない理由が、どこにも見当たらないのです。

「うちの事務所の事業承継は、他の事務所と比べて、ここが違う」

明確に言えるものが見えないのが実態です。

 

2、会計事務所こそ、「事業承継の可視化」コンサルティングで差別化すべき

事業承継の可視化とは、経営承継の場面に必要な計画やルールを事前に「見える化」「文字化」すること

です。

それも、経営者や後継者と議論しながら、一緒に作り上げて行きます。

イメージとしては、PCとモニターをつなぎ、チェックリストとフレームを使って、ヒアリングしながら、

見せながら、フレームに文字を記載して行きます。

ヒアリングが済めば、何らかの「見える化」されたルールや計画ができあがるというものです。

関与先には、事前に「見える化」をする予定のフレームの説明、実例の説明を行い、あらかじめイメージを

持ってもらってヒアリングを進めます。

やはり、議論しながら出来上がった計画やルールは、「自分たちで決めたこと」という認識になり、その後

の徹底度が全く違います。

 

3、事業承継の可視化に必要なフレームとは?

今、当社が仕込んでいる「事業承継の可視化」コンサルティングのフレーム・コンテンツは

①事業承継50のチェックリストによる現状認識

②事業承継10か年カレンダー(これ1枚で、この10年間何をすべきか固有名詞で分かるシート)

③SWOT分析による中期経営計画(後継者時代の具体的な経営戦略とビジョン、中期数値)

④会長、社長、取締役に役割責任範囲の文書化(曖昧な業務責任を職務分掌として明文化)

⑤社長から後継者への権限移譲計画(どの職務権限をいつ渡すか、文書化)

この5つを経営者、後継者と議論しながら、「見える化」事で、承継後も深い関係性を維持しよう

とするのです。

しかも、これは時間も手間もかかるので、有料のサービスです。

これらの「見えるアウトプット」は、有料のサービスに相応しいし、経営者も納得しておカネを払って

くれるでしょう。

 

ブログではここまでしか書けませんが、事業承継の可視化コンサルティングツールが完成したら、

ご紹介しようと思っています。

事業承継の可視化で「事業承継ビジネス」の差別化、あなたはどう思いますか?

 

 

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

アーカイブ

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012