• 0120-577-797

部下の質問に即答しないリーダーが人を育てる

長年、病院・介護施設でコンサルティングをしていると、「間違ったリーダーシップ」を

自らとっているのに、『部下が育たない』と嘆く管理職リーダーがいます。

彼らの日頃の部下指導の実態を研修などで検証すると、だいたい下記のようなリーダーが

圧倒的に多いですね。

①部下からの問い合わせ、質問には即答えを教える

②部下のやり方が自分のやり方と違うと、すぐ修正するよう指示する

③部下が間違ったことをしていると、理由も聞かず叱責する

これらのリーダー管理職のスタイルは、「部下が育たない」ということを全く意識

してないのでしょう。

「即答えを教える」「即自分のやり方を指示する」発想を転換する必要があります。

1、即答するから、部下が考えない

どんなにマニュアルを整備しようが、研修を経験しようが、一つとして全く同じ現場

トラブルや課題はありません。

職員の現場での適正な判断力の有無が重要になってきます。

しかし、マニュアル通り、上司の指示通り動く部下は、この現場での判断力が育ちま

せん。

部下が困って質問したり、解決策を上司に聞いてきた場合、即答せず、部下自身に

考えさせる習慣をつけるべきです。

 

2、考える部下・自発性のある部下を育成する「コーチング会話」

自分の頭で考えて、自分なりの解決策をもって、上司に聞く部下を育成するには、

日頃からどんなマネジメントをすべきでしょうか。

それは「コーチング会話」を上司が意識し、緊急場面以外で、習慣化させることです。

「コーチング会話」とは、コーチング理論を日頃の会話に使うことです。

一番違うのは、「上司も部下も着座して、じっくり面談」というスタイルではありません。

忙しい医療介護の現場で、じっくり個人面談が取れる時間も機会もそう多くありません。

朝礼やミーティング、カンファレンスでも、そんな悠長な時間は取れないですよね。

 

3、効果的な「立ち話コーチング」

コーチングにもいろいろなパターンがあるでしょうが、私が医療介護の現場のリーダー

育成にお勧めしているのが「立ち話コーチング研修」です。

これは廊下ですれ違った際の普通の会話をモデルにしています。わずか3~5分のSessionの

ロープレを何回も繰り返します。

廊下ですれ違った際、部下から

「主任、〇〇が起こっています。どうしましょうか」

と何気ない会話から始まります。

普段だったら上司は、「じゃあ、〇〇しといて」

と答えるところを、「立ち話コーチング」では

「〇〇が起こったんだね。それでAさんはまず何をすべきだと思う?」

と即答せず、逆質問します。

すると、部下が自分の意見を言うか、無言になるかです。

無言になったら、

「Aさん、起こった原因を時系列で教えて・・」などと、部下が答えやすい

質問を多用し、どんどん部下に話させます。

そして、適切な答えを導き出させ、上司はそれを承認するというものです。

 

4、どんな部下でも答えを持っている

リーダーや管理職の中には、

「うちの部下は考えないんだよね」とか

「与えられたことしかしない、指示待ち族ばっかり」

なんて愚痴をこぼす人が少なくありません。

それは上司が部下の考えを聞き出す能力が欠如しているからです。

それが新卒であれ、無口な職員であれ、皆何らかの意見と事実を知っているはずです。

リーダー管理職は、コーチングをベースとして、即答せず「質問力」を磨くことが

重要なスキルだと最近、痛感しています。

「立ち話コーチング」をいろいろな病院や介護施設で研修をしますが、即効性のある

研修として、高い評価を頂いています。

あなたの職場でも考えてみては?

 

 

 

アーカイブ

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012