• 0120-577-797

番外編 息子に教えた就活戦略

そういえば、これまで採用面接では新卒、転職含めて数百名、新卒社員向け

導入時研修では約2000名位触れ合ってきました。

クライアントが中小中堅企業中心だから、大企業のようなものではないにしろ、

面接官としてダメな求職者の態度や行動はだいたいわかります。

その経験を踏まえて、息子に渡したA4の「就活戦略アドバイス」を特別に掲載

します。

転職面接にも有効だと思います。

 

1、 就活戦略にあたって 

① 皆が読んでいる「就活マニュアル」は、人事担当官も読んでいる。マニュアル通りにすると、悪印象

② 面接担当官の立場と視点で、戦略を練る(先輩の就活成功物語はあてにならない。採用された理由を

知っているのは人事のみ。先輩の思い込みに左右されない)

③ 「何故、その企業を選択したのか」明確な理由と論理的根拠を揃える

④ 企業側が求めているのは、「頭でっかちの屁理屈」より、「素直さ」「話を聴く能力」

2、 ターゲット選定編

① 「その業界に興味があるか」

② 「将来のライフプランを考えた業種や職種、地域か」

③上場企業・有名企業と中小中堅企業の特性を分かった上で選択する

④ ネームバリューや大企業というだけでの選択は失敗しやすい

3、 ターゲット選定のロジカル

① 業種・職種のターゲティングを決めたら、「何故、その業種なのか」をロジカルに整理

② ロジカルのポイント

●この業種に興味を持った学生時代の出来事

●この業種に興味を持った過去の経験や趣味

●この業種に興味を持った、将来的な理由

●この業種に興味を持った子供時代、親からの影響

●この仕事を通じて、こんな事ができたら幸せだと思う事

●この仕事を通じて、どんな未来に自分は貢献したいか

●この仕事を通じて、自分の達成したい人生観とどうリンクさせるか

③ ロジカルが面接時に「どうしても御社に入りたい理由」として、面接官に好印象を与える

4、 個人面接編

① たくさん喋らない。ポイントを深く話す

② 質問に対して、『結論→根拠・背景・出来事→それに対する自分の思い』

のこの順番が大事→この順番を守れば、「言いたい事」が伝わる。

これがビジネスWordの基本

●まず、質問の答えを先に言う

●その後、その答えになった背景、根拠、出来事「事実」を言う

●最後に、その結論や出来事に対して、自分の感想や思いを言う

③ 誠実さは、一言一言を丁寧に、ゆっくり話す。ダラダラはダメ、

常に②を意識 ④ 自己アピールでは、学生時代の経験を数値で語る

例●大学時代〇〇でバイトをして、責任者になりました→3年間バイトの中で、1年目の終わりに、

バイトの中でも10%しかなれない「責任者」の指名を受けました。

結果的にそのバイトが性に合っていたのか、3年間、毎週平均4回を続ける事ができました。

例●体力に自信がある⇒3年間、週に3回5kmを通い続けてきましたので、体力に自信があります。

⑤ 記憶が飛んでも、キーワードを押さえて、連想して答える

⑥ 感覚的なワードが多い場合、「例えば」「事例」を入れる

5、 グループディスカッション編

① ファシリテーターとして、まとめ役みたいにしゃしゃり出ない⇒「まとめ役」が好印象とい

うのは誤解。リーダー争いはマイナス

② 他人の意見に対して否定と批判はNG、すべて尊重し、「Aさんの意見はもっともだ。私は

更に●を加えたいと思う」のように

③ 誰かの話に興味を持ったら「何故」「それで」と更に聴きだす質問をする→「ヒアリング力」

が高い事が証明できる

④ 一人一人の意見をしっかり把握し、メモがあれば書き、それをもとに自分の意見を「結論→背景→対策」

の順番で話す

⑤ 見られているのは、自己主張の強さよりも、チームワーク。他人の話を聴き、他人の話しに賛同と追加、

そして適切な質問を繰り返し、その中に自分の意見を入れる事。

6、 インターンシップ編

① 挨拶(テキパキ ハキハキ)

② 指示されたらメモ取りと復唱(これは基本)

③ 疑問点を質問する(それはジェスチャーではなく、純粋な疑問)

④ 面接、グループディスカッションと同じで、「結論→背景→対策」で報告と質問をする事

 

ありきたりなことですが、短期集中の就活戦略では、掲載されたようなことを徹底的に行うことが

面接突破になるのではないでしょうか。

決して就活ノウハウ本に書かれてるような、付け焼刃の対策ではない訳です。

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

アーカイブ

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012