• 0120-577-797

九州財務局での金融機関向けセミナーで思ったこと

昨年の北海道財務局に続き、今年の5月8日に九州財務局で「事業性評価 SWOT分析によるアプローチ」

という同じタイトルでセミナーを開きました。

財務局職員、金融機関関係者が80名近く受講されました。

講演の前後に財務局長や管理官と面談する中で、

「金融機関の事業性評価能力を高めることが必要」

「金融機関担当者の『聴く力』が大切」

「企業の正しい成長戦略にかかわって融資を増やし、利ザヤを得る」

ということの重要性で認識を一致させる事ができました。

このセミナーでは、

 1、中小企業の事業性評価の基準 (今後の経営計画・経営戦略に合理性があるかを見る)

2、「経営改善計画」「経営計画」が絵に描いた餅になる理由

3、SWOT分析の進め方ノウハウ

4、SWOT分析の事例の紹介

について、お話ししました。

特に、SWOT分析メソッドを使うことで、

「経営者が考えている今後の戦略や思い」が聞き出せること。

今、これが一番大事なのではと確信しています。

私が知っている多くの金融機関の渉外担当者や、支店長代理クラスでさえ、

「聞き出し能力が少ない」と感じます。

「聞き出し能力」が少ないから、経営者の真意や課題、ビジョンを聞き出せてない訳です。

本当は、

「もっとこんな事をしたいが、資金がないし」

「こんなことを心に秘めているけど、そんな事ではカネを貸さないだろうなあ」

そういうビジョンを担当者が聞かない限り、その発想も思いもすぐ「お蔵入り」してしまいます。

もしかしたら、融資のチャンスかもしれないのに。

 

更に、SWOT分析メソッドを使えば、融資先の中小零細企業に

「この分野で、このニッチ市場で、この顧客層で、このニーズで、差別化を図る」

ということを指導できます。

融資を受ける際の事業計画の骨格部分ができれば、信頼感のある計画書作成になります。

単なる辻褄合わせのその場しのぎの経営計画ではなく。

 

「SWOT分析実務」を知ることで、これらが可能になるわけです。

これまで、コンサルタントや会計事務所職員の差別化の武器として「SWOT分析メソッド」を

行ってきましたが、金融機関こそ、このノウハウが今必要なのかもしれません。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 ●SWOT分析のノウハウを勉強したい

●SWOT分析をコンサルティングの現場で使いたい

●SWOT分析を自分の武器にしたい

そんなあなたに朗報です。

今年2018年3月24日に開催された「第1期SWOT分析スキル検定初級講座」では、

全国から集まった50名の受講者 無事全員合格し、受講証明書を手に入れました。

コンサルタント、会計事務所、金融機関関係者、社労士、損保会社など、多くの方々が、

満足されたようです。

そこで、「第2期SWOT分析スキル検定初級講座」

来る 2018年9月29日(土)に東京神田で開催する事が決定しました。

募集人員は30~40名です。

前回のことから推察すると、2か月前には募集枠の80%が決まっていましたので、

今回は前回より募集枠が10名少ない のでお早目にお申し込みください。

詳しくはこちらまで

【第2期 SWOT分析スキル検定 初級講座】開催要項

アーカイブ

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012