• 0120-577-797

強すぎるカリスマリーダーが諸悪の根源

病院・介護施設のコンサルティングをしていると、カリスマ性があり、部下がビビっている

責任者やリーダー、経営幹部をときより見かけます。

そのリーダーは仕事もできる、経験・知識も豊富、性格も強い。

更に、そのリーダーの言う通りにしなかったら、後で叱責される。

そのリーダーから「論理的に追求されるとぐうの音もでない」

だから、多くの部下はそのリーダー責任者の指示に従います。

「あのリーダーの指示は絶対だから」と。

 

1、カリスマリーダーの愚痴

カリスマリーダーは「私に言う通りにしなさい」と強い指示をします。

部下は当然従います。

そして、指示を待ちます。

指示違いの事をしたら、後で叱責されるから、「受け身」になる訳です。

すると、カリスマリーダーは、こんな愚痴を言います。

「私の部下は皆、指示待ち族です。自分で物事を考える力がないんです」

「私が、部下の間違いや問題を先に気づくから、当然指摘します。何故、自ら

気づかないのか?」

お互いに言い分がある訳ですね。

 

2、部下に考えさせると、質問攻めで部下にヤル気をくじく

そんなカリスマリーダーも部下に考えさせるように仕向けます。

部下が自分に考えを答えると、それを支援するスタンスではなく、

「理詰めで詰める」

「足らない箇所を質問攻め」

そんなコミュニケーションを取られれば、部下は最終的には、カリスマ

リーダーに思うような答えを用意します。

それを聞いたカリスマリーダーは

「それでいいだよ。その通りすれば問題ないはず。君の言う通りにしたら

大変な事になるよ」

と少し満足気になります。

 

3、「部下に考えさせる」事の意味を理解しないカリスマリーダー

このようなカリスマリーダーに為に「コーチング」があります。

コーチングができていないカリスマリーダーは、「質問」をするけど、

「部下に考えさせるマネジメント」をしっていないのです。

「部下に考えさせるマネジメント」とは

①「Why」の質問を繰り返し、論拠を聞きだす

②意見が出たら褒める、認める

③部下の考えがより深くなるために「ヒント」を与える

④上司の考え(答え)に誘導しない

⑤部下自身にどんな行動をすべきか、どこを注意すべきか段取りを聴きだす

 

どんな指示をされようと、部下にも部下なりの答えがあります。

その答えを更に効果的にするために、上司は質問しながら、ヒントを与えながら

部下自らにいろいろな可能性を考えて、より高いレベルの答えに導く事、

それがコーチングと言われるものです。

 

カリスマリーダーこそ、コーチングの勉強が必要ですね。

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

アーカイブ

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012