• 0120-577-797

コンサルタントのノウハウの棚卸

コンサルタントには、いろいろな経験があり、またノウハウがあります。

長い事、現場コンサルティングをしていると、それなりに積みあげたノウハウ

やツールがあるものです。

私の場合は、それをパソコンに保存しています。

そこで、今私自身が行っている最中ですが、「コンサルタントのノウハウの

棚卸」について、考えてみたいと思います。

 

1、何故「ノウハウの棚卸」が必要か?

「なんか、昔この質問の答えになるシートをつくったなあ?どこだっけ」

「今作ろうとしているフレームも以前、似たようなモノをつくったはずだけど、どこだっけ」

「このセミナーで使いたいこのポイントは、以前作成したような?どこだっけ」

すべてを一から作成すれば時間が掛かります。

昔のデータがあり、それを加工修正するだけでなら、大幅に時短ができます。

コンサルティング現場で使うノウハウやテンプレートは、再現性や類似性がある筈

です。

だから、一度作成したノウハウ・ツール・テンプレートはインデックスをしっかり決めて

ファイリングしておく事です。

 

2、テンプレ・フレームはノウハウではない

よく「私はノウハウを持っています。ちょっと先生見てください」

と私に見せてくれる方がいます。

ほとんどのノウハウというものが、

「それって、本見ればありますよね」

「ネットでも出てきますよね」

の類が多いですね。

しかも、「フレームとかテンプレート」をノウハウと思っている人がいますが、

それは誤解です。

フレームやテンプレートにしっかり実例が書かれているものこそ、「ノウハウ」

です。

しかもその実例をコンサルタントが直接関わり、一緒に作成したものです。

 

3、固有チェックリストはノウハウそのもの

ノウハウの典型例が「チェックリスト」です。

チェックリスト化できたという事は、その段取りや順番、ポイントが分かったという

事です。しかも再現性も高いです。

固有チェックリストとは、そのノウハウについて「誰でもは知らない事実」が項目に

入っているモノ。

それも現場で構築してきたノウハウだから、知っている事です。

私もチェックリスト化をコンサルティングのキーワードに置いています。

最近では、

「あなたが2週間入院しても、現場がなんとかしのげる為の、幹部の仕事をチェックリスト

化してください」

というテーマで、企業や介護支援で研修をしました。

チェックリスト化する際には、チェック項目だけでなく、その作業をする時の段取り、見る

資料、誰に確認などの「備考欄」もしっかり書いてもらいます。

これ自体は、そのクライアントの現場レベルの「具体的なノウハウ」となります。

それを指導したコンサルタントは、そのチェックリスト修正のアドバイスをする訳です。

 

4、クライアント単位で作成したノウハウを「汎用ノウハウ化」

上記の「幹部の仕事のチェックリスト」は、その企業だけで使うものですが、固有名詞を消し、

書き方やポイントを一般論としてアレンジしておけば、他のクライアントにも使えます。

機密情報は保持して、汎用化させるのが、コンサルタントのノウハウが貯まる秘訣です。

私の場合も、過去にそういうノウハウは1000ファイル近くあります。

今せっせと、汎用化を進めており、いずれそれを会員にお知らせしようと思っています。

 

5、本・ネットからの情報をヒントに、自分流ノウハウを加工修正してオリジナルに

ネットからいろいろなsampleやテンプレートを入手している人は多いと思います。

それをコピペして、そのまま外部で使う事は問題になる可能性がありますが、それを

参考にオリジナルに加工修正する事は、よくある事です。

いわゆる、ネット上の情報、sampleやテンプレートからヒントを貰い、自分流にアレンジと

追加補正を繰り返し、新たな独自ノウハウとする事です。

但し、それはあくまでも「入り口ノウハウ」です。

それをクライアントと共に、また自身の経験を加味しない限り、「出口のノウハウ」には

至らないでしょう。

 

「ノウハウの棚卸」とは、あるクライアントで使ったノウハウは、他のクライアントでも参考になる。

そして、自分流としてブラッシュアップしていくことで、いつでも引き出せるようにしておくことです。

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

アーカイブ

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012