• 0120-577-797

部下を育てるには、リーダーは仕事を任せる仕組みが必要

病院や介護施設のコンサルティングや研修をしていて、

痛切に思う事があります。

それは、まじめなリーダー、患者利用者思いのリーダーほど

現場業務に入り込み、部下にやってもらう事も自分で行う為、

結果、部下が育たない場合が多いようです。

しかも、現場比重が高いほど、部下への仕事配分や管理、

マネジメントが疎かになります。

今回は、管理職研修やセミナーで私が講義をする中身から、いくつか抜粋 します。

1、何故、リーダーは仕事を任せられないのか?

 先ずはいくつかの「任せきらないリーダー」の発想を見てみましょう。

① 部下への説明をする時間があれば、自分ならすぐ終わるから(時間がもったいない)

② 迅速な対応が必要だから(いつも緊急になってしまう)

③ 事前にいろいろ指示をしたり、準備、根回しが苦手だから

④ 過去に何回も言っても、できないから

⑤ 部下ができるようになると、自分のアドバンテージがなくなるから

⑥ 部下も忙しく、ムリは言えない

⑦ 自分が貧乏くじを引けば済むことだから と諦めている

だいたいこんな思いが「権限移譲へのブレーキ」になっています。

 

2、任せる為の基本姿勢

では「任せるリーダー」になるには、どんなことを意識すべきでしょうか。

①少しくらい背伸びしている位の業務を承知で任せる

②何を任せるべきか、力量を見究める(苦手意識の業務を把握しておく)

③明確に「お前に任せる」と相手に伝える・見せる(一緒に業務整理をする)

④途中でヤキモキしても、部下にトコトンまで任せた仕事をさせる

⑤途中での口出しは緊急以外耐える

⑥任せる業務のチェックリストを作成し、指導する

⑦中間チェック・定期的コミュニケーションを怠らない(思い付きの催促ではなく、事前のスケジュール化)

⑧仕事の進捗状況の「見える化」「自動報告化」など事前に仕組みを作る

⑨「部下は先ず失敗するものだ」と割り切る(最初からパーフェクトを求めるから任せられない)

⑩自分と同じやり方、方法をコピーした部下を作ろうとしない(部下の個性を尊重する)

 

3 「チェックリストマネジメント」なら、部下も任された仕事を進めやすい

(1) チェックリストマネジメントのメリット    

「チェックリスト」は「マニュアル」よりも、見返される頻度が多く、箇条書きなため、使われやすい 特性を持っています。この「チェックリスト」を使うと、

① 仕事の漏れがなくなる

② 不必要な思考・ムダな動きがなくなる

③ 何ができないか、何をやっていないか明確になる

④ ベテラン、経験者と同等な動きになる

⑤ マニュアルと異なり、箇条書きで見やすく分かりやすい

⑥ チェックリストの作成過程で、業務の見直しができる

 

(2) 必要業務のチェックリストの作り方

下記の事を意識して、効果的なチェックリストを作りましょう。

① 部下に任せる業務一覧をベースに、1業務1チェックリスト

② チェックリストは、「外してはならない重要項目」「外してはならない優先順位」を中心に多くて20項目まで。

③ チェックリストに抽象的な表現は禁句

④ チェックリストの表現は、「○○の前に、○○をしたか」のような表現

⑤ チェックリストの横にチェック欄(日付込)を設け、☑を記述させる

そして、チェックリストのチェック結果を上司が確認する…そこに具体的な指導が生まれる

 

「任せるリーダー」になるには、精神論ではなく、具体的なルールやツールが必要なようです。

あなたも挑戦してみては?

アーカイブ

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012