• 0120-577-797

職員が愛想をつかし、辞めたくなる賃金・人事評価システム

「今度の昇給で納得いかなかったら、辞めよう」

これは、ある介護施設で働く職員が放った本音です。

介護施設だから、低賃金は仕方ないと覚悟の上の人もいます。

しかし、この職員の言葉を借りれば、

「何故、あの人と私の昇給が同じなの?」

「私がどう評価されているのかな?全然教えてくれないけど」

「毎年3000円程度の昇給では、将来、子供の学費も出せない」

「介護の仕事は好きだけど、この施設ではこれ以上働きたくない」

 

これって、介護業界の話ではなく、その施設の組織上の問題です。

介護の現場では、人手不足の悪循環が続いています。

誰かが辞めれば、その負担が他の職員に来て、更にその職員も辞める。

仮に新人を入れても、最初は戦力にならず、逆に足手まといになる。

かと言って、理事長や施設長、管理者からは「ただ、今は頑張れ」と具体策のない、空しい声かけだけ。

そんな状況なのに、評価の公平性は、賃金制度の不明瞭さが、職員に退職の引き金(トリガー)になっているのです。

 

これを言うと、

「職員が辞めるのは重労働と低賃金が原因だよ。」と業界の問題にして、組織の問題にしたくない経営者もいるようですが、それは『逃げ』です。

これは、組織を束ねる経営者の問題です。

介護施設と言っても、皆が皆、人が次々辞めて大変な状況になっているのではありません。

確かにどこも厳しいですが、退職率の低いところは結構あります。

しかし、職員が次々辞める病院や施設には、組織の問題が多いのです。

その最たるものが、評価制度と賃金システムです。

評価制度が原因で組織に愛想をつかすのは

1、 不公平感

2、 努力を見ていない。またその努力が評価項目に入っていない

3、 管理者のエコヒイキ

4、 評価結果のフィードバックがない

5、 減点評価ばかりで、加点評価がない

などです。

 

賃金システムが原因で組織に愛想をつかすのは、

1、 仕事をしていない連中も一律昇給

2、 役職者になると役職手当の割に責任が重すぎる

3、 低昇給で将来の生活設計が立たない

4、 子育て期間の時に給与が低い

これらは、組織の長の思い一つで、少しずつ改善が可能な要素です。

でも、具体的に着手しないのは、何故でしょう?

方法論が分からず、外部のコンサルタントに依頼すると費用も高額なので、何もできない状態を無為に続けているのでしょう。

 

私たちには、そんな病院や介護施設の為に、「コンサルタントを使わずに、賃金システムづくりと人事評価制度を導入できる」ツールがあります。

職能評価と人事考課を分けて、昇降格や有能な職員の高昇給を可能にした職能給をベースの、賃金制度の設計方法とリアルな老健併設の病院の事例が豊富な ⇒ http://store.re-keiei.com/?pid=65325514

『こんな分かりやすい人事考課システムを見たことない』と評価が高い、行動結果で誰が評価しても評価のバラつきがないリアル人事考課システム ⇒ http://store.re-keiei.com/?pid=65325544

特別養護老人ホーム・老健施設の為の職能給制度と人事評価システムの実例 ⇒ http://store.re-keiei.com/?pid=65325529

小規模の通所施設、デイサービス・デイケアの為の職能給制度と人事評価システムの実例 ⇒ http://store.re-keiei.com/?pid=65325530

 

職員に魅力的な賃金制度にしたうえで、中身のマネジメントに傾注する、それが離職防止につながると思います。

賃金・人事評価システムに目を伏せて、いろいろな施策を打っても、なかなか効果がでないかも知れません。

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

アーカイブ

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012