• 0120-577-797

監査担当の「早期経営改善計画策定」業務の「スキルの壁」を取り払う

「うちの事務所の職員は、『早期経営改善計画』に取り組みに消極的なんですよね」

と、ある会計事務所の所長の言。

私は、

「何故だと思いますか?」

と聞いたら、

「経営計画書の重要性を上手に説明できないんですよね。簡単に言うと、関与先社長の懐に入り切れてない、会話ができる状態になってないからでしょうけど…」

と。

確かに、日頃のコミュニケーションレベルがうまくいってないのに、いきなり

「社長、経営計画を作りましょう。今なら助成もあり、費用負担も少なくて済みますから」

「経営計画書があれば、金融機関からの融資が受けやすくなります。」

「そもそも、経営計画書は利益を出す為の羅針盤です。だから・・・」等々

こういう説明をして 何とか経営者の理解を貰おうとしています。

 

実は、そういう大上段からの説明では、経営者は納得して「経営計画書作成支援」を受け入れる事は、結構難しいでしょう。

何故なら、

「助成金があろうがなかろうが、必要性があればやるし」

「経営計画書なんかなくても、今は融資してくれるし」

「いろいろ目標値を出しても、その計画通り行かないし」

そういう思いが経営者にある訳です。

 

そこで、複数の会計事務所のコンサルティングをしている中で、

●どういう「切り口」で、「経営計画書」を提案するか

●アクションプランを聴きだす質問では、どんな具体的な表現なら、経営者は食いつくか

●経営者の抽象的な思いや目標、あるべき論を、どう掘り下げるトークをすれば、良いのか

こういう事を具体的に「アクションプラン用の質問トークのヒント」や「アクションプランの具体的な記載の仕方」を整理しました。

 

まだ、メルマガ会員になっていない方は、【無料メルマガ登録】で、そのヒアリングチェックリストや記載事例を入手できます。

詳細はこちらをクリック

【早期経営改善計画のアクションプランのヒアリングリストとヒント集】案内

 

既にメルマガ会員の方は、こちらからダウンロードしてください。(再度メアド登録が必要です)

早期経営改善計画アクションプランの聴き方・書き方ヒント集

 

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

アーカイブ

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012