• 0120-577-797

コンサルタントや税理士としての「ブランド化」を急げ!

 

この前、Aさんという方(この人はプロの経営コンサルタント)の「パーソナルSWOT分析」をお手伝いしました。

Aさんは経営コンサルタントとして、15年のベテランの域に入っている方です。

何故、Aさんの「パーソナルSWOT分析」をしたかというと、

Aさんから、こんな要望が出たからです。

「15年もコンサルタントをしていれば、一通り、オーダーのあったコンサルティングは、何でもある程度できます。でも、『これだけは、日本一』とか『ここは、絶対、僕だよね』というものを決めてないし、どこにフォーカスすれば、良いか分かってないんです。こんな相談、嶋田先生だからしますが、他のコンサルタント仲間や、経営者には知られたくないですね。」と。

そこで、私が

「だったら、Aさんも知っているSWOT分析を「パーソナルSWOT分析」にノウハウ化したので、それを使って、AさんのUSP(ユニークセリングプロポジション=独自もウリ)を整理しようか?ちょうど、僕も事例を集めている最中だから、協力するよ。」と。

そこで、Aさんの「パーソナルSWOT分析」をする事になりました。

 

1、コンサルタントの「強み」分析

本来の企業向けの「SWOT分析」なら、最初に「機会分析」をしますが、

Aさんのスキルと経験、ノウハウはある程度限定されているので、先に「強み分析」をしました。

「強み」では、

①過去のコンサルティング実績での複数事例(テーマ、業界業種、規模等)

②やっていて苦にならないコンサルティングテーマ

③好きな事・休日でもそのテーマなら、あまりストレスが溜まらないコンサルティングテーマ

④過去創り出したツール、ノウハウ、テンプレート

⑤過去、クライアントやコンサルタント仲間から、「褒められた技術」や「出来事」

⑥業界業種別の複数回経験したコンサルティングテーマとそれから生まれたアウトプットツール

⑦「〇〇の分野で〇〇のノウハウや実績で、この〇〇の地域で、私がNO1だ」と無理やりでも言いたい事は名bにか

こういうものを、ヒアリングしながら、Aさんから聴きだしました。

途中で、Aさんの表情が和らぎ、「私も、結構やってきていますね」と自分で自分の実績に改めて気づいたようでした。

この「強み」は、すべて固有名詞で聴きだし、文書化しました。

2、「強み」が活かせる、「機会分析」

これも本来は逆ですね。

「機会に使える『強み』を発見し、それを掛け合わせる事」と日ごろ、言っていますが、先にAさんの具体的な「強み」を箇条書きにしているので、それらを一つ一つ見ながら、「機会分析」をしました。

コンサルタント業界は、不特定多数の業種や規模を対象にしてる場合が多く、専門業種コンサルタントではnない限り、最初から業種に絞り込むと難しい場合があるので。

先ず

①各「強み」にあげた事実を、欲しがる人、ノウハウを求める業界業種はどこか

②これまで作ったアウトプット事例を、どんな提供の仕方、見せ方なら、新規や既存のクライアントが買いたいか

③これまでの経験業種から、「強み」が活かせる「コンサルティングニーズ」はどこにあるか(業種ごと・規模ごと)

④「強み」が活かせる「コンサルティングニーズ」の出し方、価格、地域、売りだし方は、どんな事なら、受入らそうか

⑤この「コンサルティングニーズ」で、他のコンサルタントより、圧倒的な「差別化」ができそうだとすれば、どんな事なら、即できそうか(既に『強み』がある分野で)

こういう「機会分析」をヒアリングしながら、先ほどの「強み」を見ながら、箇条書きにしていきました。

Aさんも当然、分かっている事でしたが、いざ、「自分のフォーカスすべき機会・可能性箇所」を、私に質問されて、答えるという事が、いろいろな気づきにもなったようです。

3、「強み」×「機会」=「積極戦略」で作戦とUSPを具体化

後は、企業向けの「SWOT分析」のクロス分析と同じ進め方です。

「強み」を一つ一つ拾い出し、そこに「掛け合わせそうな『機会』」をぶつけて、「積極戦略」の具体的な作戦を整理します。

ここまでくると、Aさんも楽しい作業になりました。

自分の既にある「強み」が、ニッチなテーマの可能性のある企業などにぶつける訳ですから。

ここでは、5つ位の作戦ができましたが、効果が短期間で生まれそうな、3つの作戦に絞り込みました。

その一つには、Web戦略、facebook戦略も入りました。

これらの戦略は、コンサルタントなら当然だし、それ以外の業種も必ず入る固有戦略です。

Aさんの場合、ホームページはありますが、アクセスが少ないのと、アウトプットがあまりされてない、既存客も名刺交換した相手もそのページの来てもらう為の仕掛け不足だったので、当然優先度の高い作戦に上げました。

もう一つは、この「積極戦略」ではAさんのUSPを決めました。

このUSPに沿ってWeb戦略も、今後の営業戦略も変わってきます。

Aさんがまだ半信半疑な面もありました。

それは、USPをトコトン絞り組むことへの不安感です。

「あまりにニッチカテゴリーに絞り過ぎると、他の依頼が来なくなるのでは・・」と。

Aさんを知っているクライアントは、絞ろうが絞るまいが、Aさんを評価し、リピートや紹介はあるはずです。

しかし、Aさんを知らない見込み客、または、「あるテーマを探して、Aさんにたどり着いた見込み客」には、USPで引っかかる訳です。

そういう説得をして、USPを出しました。

 

4、名刺も、ツールも、出版も ホームページも、facebookもブランディング統一

USPが決まったところで、これからのブランディング戦略を決めました。

ブランド化の第一歩は、すべての露出に「ブランディング」で統一したモノを打ち出す事です。

①ホームページの打ち出し、キャッチコピー

②USPに事例、フレーム、テンプレート整理と出し方

③メルマガ・ブログのUSPに沿ったテーマアップ

④USPに沿った出版戦略(最初は電子書籍、その後出版)

⑤USPに沿ったリスト集め

⑥USPの沿ったYouTube動画アップ

⑦小規模セミナー企画

こういうものを3か年のアクションプランにしました。

 

「自分ポジショニング」「自分ブランディング」を明確に打ち出す為に、「パーソナルSWOT分析」を使い、それを論理的に明らかにする事がとても重要だと思います。

 

 

 

 

アーカイブ

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012