• 0120-577-797

看護・介護職の離職を事前に防げ②(辞めたい人が思い止まる理由)

あと2か月もすると年度末です。

年度も変わり、転職市場が活発になります。

病院や介護施設での職員の離職問題は相変わらず重要な課題であることは間違いありません。

もし介護職が激減すれば、高齢者福祉や介護も骨格が崩れます。

そこで政府はまた介護職への給与改善の予算を議論していますが、若干遅きに逸した感もあります。

 

離職が課題だと言っても、 「辞めたい」と思った職員が、100%辞めるわけではありません。

中には途中で思いとどまった職員もいるのです。

 

前回のメルマガで「個人面談で職員の要望を聞き出し、それに何等かのアクションを取れば、少しは思いとどまる」と言う話をしました。

今回もそれに関連して、過去退職を思いとどまり、今も働いている職員は、何故思いとどまったのか?

そこに、何らかの対策があるように思います。

ここにある過酷な労働条件の企業で、退職者日常的に出る事業所があります。

その事業所で、思いとどまった従業員の理由を聞いてランキングしているデータがあります。

(1)経営者(幹部)が直接、真摯に自分の為に、説得してくれた

  (今、辞める事が自分にとってどういうことかを、考えさせられた)

(2)『家族の了解を得てから、この退職届けをもってこい』と幹部に言われて、

  家族と相談したら、妻に反対された

(3)自分が今ここで辞めたら、仲間に迷惑を掛けると思った

(4)経営者(幹部)から、何回も慰留された

  (退職願を出す度に、思いとどまるよう懇願された)

(5)同僚から、思い直すよう説得された

(6)このまま転職しても、良い条件はないと、諦めた

(7)また一から仕事を覚え、人間関係を作るのが億劫だと思った

この「思いとどまった理由」は病院や介護施設にも十分当てはまります。

本人が今、退職することは不利だと自分で気付けば問題ありませんが、

それ以外に大事なのは、周囲が説得したという事実です。

「決めるのは本人だから、本人が退職を決めた以上、何を言っても仕方ない」

と諦めていないことです。

 

 

相手も人間ですから、懇願されれば少しは考え直すというものです。

確かに皆がみな、この方法で思いとどまることはないでしょう。

しかし、少しでも思いとどまってくれれば、それだけ緊急課題が減る訳ですから、

一生懸命に説得して欲しいものです。

 

それと、人は辞める時に「本当の退職理由」は言わないものです。

辞めた後も人間関係が続く可能性があるから。

しかし、辞めると決まった後に、

「何故、辞めるか本当の理由を教えてくれないか」

と愚かな質問をしてはいけません。

それよりも

「君が辞めた後、何を改善したらいいと思うか、最後に提案をくれないか」

と聞くのです。

実は、それが退職理由の遠因かも知れません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【メルマガ読者限定】リーダー責任者の「リーダーシップとマネジメント能力」を高める教材を無料プレゼント

下記をご覧ください。

【読者限定】リーダーシップ教本プレゼントキャンペーン

 

 

 

アーカイブ

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012