• 0120-577-797

「強み分析」は隠れた経営資源を発見する事

●SWOT分析スキルをもっと、深く掘り下げたい方

●SWOT分析スキルのお墨付きをもらいたい方

●効果的なSWOT分析検討会の運営の仕方を知りたい方

2018年3月24日(土)に、東京で私が全編講義する『SWOT分析スキル検定 初級講座』を開催します。

私(嶋田)が直接専用に収録した 事前に配信する「SWOT分析スキルのオンライン教材」45講義460分の講義 を提供後、3月24日(土)に、終日研修でスキルアップの理論学習とロープレ、SWOT分析研修のファシリテーション技術、SWOT分析体感を行います。

ご興味のある方は、下記をクリックしてください。

お申込み後、当社からご案内のメールをします

【SWOT分析スキル検定 初級講座】

-------------------------------------------------

わが社には、「強み」なんて見当たらない。

見えるのは「弱み」ばかり。

SWOT分析をしていて、そんな嘆き節を言う経営者や幹部がいます。

そんな方の多くは、「現状の眼で見える強み」「誰でも分かる強み」ばかりに、眼が行って「強み」がどう活かせるか、本来の視点を忘れているケースがあります。

「強み」は別の言い方をすれば、「今の経営資源を他の角度から見る」とも言い換える事ができます。

では、「自社の経営資源」をどのように分析すれば、新たな「強み」として、認知できるのでしょうか?

当社では、この「経営資源」を大きく分けて「顧客資産」「商材資産」「サービス資産」「組織機能資産」の4つに定義しています。

1、顧客資産とは

① 今取引している商材や売上だけに目を奪われずに、顧客の将来に渡って自社のメリットを考える事(Life time value=生涯付加価値)

② 将来も有望な顧客が変化していくなら、自社も変革させて対応する…「顧客についていく」

③ 今の取引商材だけでなく、顧客のニーズがあるビジネスに積極参入(仕入先や納入業者という枠を超えて提案する。既に口座を持っているので相見積になりやすい)

④「顧客の顧客」は何を望んでいるかリサーチし、顧客を支援する新たなニーズを開拓する

今の顧客の未来を考えて、自社の「強み」をシフトしていくことが、顧客資産の活用といえます。

 

2、商材資産とは

① 今の取り扱い商品・販売権を、違うチャネル(販売先)に展開できないかを考える。

② 業務用を個人用に、個人用を業務用に、代理店販売を直販に、店頭販売をWeb販売にと、チャネルを変える事で、できる事はないか

今の商材を違う視点で見ると、今までとは異なる販売戦略が見えてきます。それが「商材資産」の活用です。

3、サービス資産とは

多くの企業は既にいろいろなサービスを展開していますが、それらのサービスを3段階に分けて、よりブラッシュアップします。

すると、それが新たな「強み」へと転換します。

3段階とは

① 既にやっているビフォアサービス(契約前、購買前に展開しているサービス)

② 既にやっているインナーサービス(取引中、施工中に実施しているリアルタイムサービス)

③ 既にやっているアフターサービス(アフターサービスやメンテナスなどのサービス)

4、組織機能資産とは

これは、今の社内経営資源を組織や機能で見てみます。

① あるチームを持っている事で差別化できている事(例えば、修理部門等の技術サービス部門、店頭窓口サービス部門等)

②配送車両の多さ、エリアの強み、体制の強み

③ 営業と営業事務を分業化して、即応体制がある

④年齢が高い社員が多い。しかし、休日でも対応してくれる  等々

「組織機能資産」は、意外と高コスト要因として認識されており、どちらかというと合理化対象にされがちですが、視点を変えれば正に資産になる訳です。

 

SWOT分析を勉強したいが、東京でのセミナーには参加できないけど、もっと深く、そして実践的な知識を身につけたい方へ

私(嶋田)が直接専門に講義したオンライン講座をご用意しています。各講座をクリックしてください。詳細がご覧いただけます。

SWOT分析の基礎的な理論と進め方をマスターしたい方には、

       「SWOT分析コンサルタント養成講座 基礎編」

SWOT分析を企業の実践の場で活用したい、テクニカルなノウハウを知りたい方には

       「SWOT分析コンサルタント養成講座 実務編」

SWOT分析の業種別のリアルなアウトプットや解説を学習したい方には

       「SWOT分析コンサルタント養成講座 事例解説編」

地方でのコンサルタント起業や顧問収入を増やしたい方には

       「地方で成功するコンサルタント事務所経営 オンライン版」

をどうぞご活用ください。

 

アーカイブ

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012