• 0120-577-797

時間の価値観が違い過ぎる相手とは組みにくい

長年、コンサルタントをしていて、それなりにやってこれている理由は、いろいろあるでしょうが、

私は「時間に関する価値観」が間違っていないから、続いているんだろうと思います。

コンサルタント同士がJVを組んで、ちょっと不信感を持つ場合もこの時間軸に違いではないかと思う事があります。

例えば、

●会う約束した時間前に現場に到着する

●遅れるならその前に必ず電話を入れる

●メールやLINEでの問い合わせ、留守電には、早めに対応

●スケジュールや行動の段取りの漏れを防ぐ為にメモを取る

●ダブルブッキングはしない

●相手が返事を待っているなら、電話ができなくてもメールやSNSで即対応

まあ、こういう事は性分だと言ってしまえば、その通りですね。

 

ですが、この6つの事を平気で、やらない人がいます。

社員研修などで「基本動作が大事」と言っているコンサルタントの中には、これができてない人(組織人としての資格に疑問がある人)が少なからずいます。

そうすると、JVで組んだ場合、この時間や基本動作のズレから「不信感」を持つようになります。

 

本人の時間のペースと、他人の時間のペースが違う事を認識していない

組織で時間軸の違いが一番出る言葉は「なるはや」です。

「なるべく早く・・・」の意味です。

「急いで」と言われれば、当日中か翌日朝まで、

「なるはや」と言われれば、3日以内

「期限」を言われないなら、1週間以内

が一応の流儀だと心得ています。

しかし、時間軸が遅い人には、この流儀が通用しません。

「急いで」と言われてら、1週間

「なるはや」と言われたら、1か月以内

「期限」が言われないと、放置

もし、このような時間軸のパートナーやJVだと、時間の厳しい人は「ヤキモキ」するのです。

それがストレスになってしまいます。

 

仕事の時間軸が遅い人は仕事ができない訳でもない

ただ面白いのは「時間軸が遅い人」が必ずしも、仕事ができない訳ではないのです。

特にクリエイティブ系やシステム系の人は、この傾向があります。

我々コンサルタントもクリエイティブ系と言えなくもないですから、そういう「はぐれ組織人」がコンサルタントになっている場合も結構あります。

 

ただ、いかの仕事品質はそれなりに合っても、時間軸は守ってほしいですね。

クライアントの中にはせっかちな方も多いですから。

 

ーーーーーーー遂に、SWOT分析ノウハウを公開するセミナーを開催---------

「SWOT分析スキルアップ集中研修会」10月28日の東京で開催します。

これまで、九州内でしか実施していませんでしたが、多くの要望にお応えすべく、公開研修に踏み切りました。

今回は、SWOT分析専門書第4弾「経営承継成功の為の実践SWOT分析ノウハウ」出版記念を連動した研修なので、受講者にはありえないほどの特典を準備しています。

まだまだ先ですが、人数次第では早めに締め切りしますので、ご興味のある方は是非、お早めにお申込みください。

https://re-keiei.com/promo/skillup/

 

アーカイブ

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012