• 0120-577-797

これが認められる取締役の仕事だ

取締役

「高給取りのうちの役員って、いったい何をしているんですかね?」

こんな中堅幹部の不満がどこでも聞かれます。

役員(取締役)の仕事って、部下には見えにくいものです。

しかし、組織も部下も役員に対して、明確な行動、戦略的な動きを求めています。

これに答えられない役員は機能不全だと言えます。

特に、部課長時代まで優秀だった幹部が取締役になった途端に、「最近、かすんでいるね」と言われる事があります。

それは、「自身の仕事」が見えていないからです。

直接的な行動は社員が行うし、その管理やマネジメントは、部課長が行います。

では、取締役って何をすればいいんでしょうか?

大企業の役員のようなものではなく、中小企業の実態に合った考え方です。

1、社員側でもなく、社長側でもなく、法人側に立つポジション

① 法人の使命、方針、業績を考えると、何が今必要かをベースに考える習慣を持つ

② 社員側の考えに偏る場合は、自身がまだサラリーマン意識だからである

③ 社長の方針をそのまま、社員に伝えるだけでは、役員の 存在意義が薄くなる。それをいかに落とし込んだ表現にして、誤解をなくすかが役員の仕事

④ 会社の問題をすぐ「組織論」のせいにせず、何が不足して いるか冷静に分析する(中小零細企業では、組織を多少 変えても結果は大きく変わらない場合が多い)

2、ただ、現場で一生懸命に働くだけではダメ

① 社員以上に一生懸命に現場で働き、社員の模範になることは大事 だが、一人で汗水流す事は決していいことではない

② 役員は現場実務をしながらも、自分は取締役であるという意識を持ち、常に原理原則・経営理念・方針に立ち返った判断をする(目の前の利益や楽に走らない)

③ 業績、利益との兼ね合い、起こっている問題の本質など、社長の立場で自分なりに判断し、経営者と意見調整を行う

3、社員以上に現場・顧客重視の姿勢

① 何かあれば、いの一番に現場や客先に出向き、自分の眼で判断する (幹部任せにしない)

② 現地・現場・現品の3現主義が基本

③ 顧客のニーズや真意を聞き出すのは役員の仕事

④ 現場で働く従業員の労いを忘れず、常にアドバイスや提案を行う

4、判断に合理性のある根拠を示す事

① 取締役ともあろうものが、具体的な根拠を持たず、感覚論でいう対策は、皆からバ カにされる

② 問題点の原因追究もロジカルに行う(Whyロジック、How ロジックでいつも考える)

③ 現実とギャップがある改善の対策が実行されるまでの、段 取りやプロセス(過程)を明示する

④ 新たなビジネスプランの合理性が分かる資料を用意する

5、明確なビジョンを持ち、話す事

① 現状の忙しさに埋没せず、ネクストの時代の戦略・ビジネスプランを作成する

② ビジネスプランは抽象的なものではなく、その実現の可能性が他人からも分かるものである事

③ 自分が責任者となって、そのビジネスプランを確実に進捗させている事

④ それを、いつも社員に語る事

6、新たな戦略を是が非でも軌道に乗せる事

① 自身の決意を見せ、社員からの信頼を集める為にも、時間が掛っても必ず具現化する事

② 「あれは、A常務が基盤を作った」と後年言われる実績を残す

③ 新商材、新顧客で、結果を出す

④ 組織改革や制度づくりばかりに現を抜かすと、いつまでも結果が出ない

 

7、汚れ事処理こそ、役員の仕事

①交渉が難しい相手からのクレーム処理、未収金回収の先頭に立つ

②コンプライアンス違反の処理、社内トラブルの処理は、担当部門長任せにせず、全面に出る

 

これらの事を、実際に業務に反映してこそ、「尊敬される役員」になっていくのです。

 

 

 

 

 aaa

 

 

アーカイブ

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012