• 0120-577-797

介護施設の教育は動画の時代

 

昨年位から、私たちがコンサルティングしている社会福祉法人や医療法人で、動画を使った教育を進めています。

社会福祉法人や医療法人において、様々なコンテンツを動画化する事は多くのメリットがあります。

 

1、動画化のメリット

 ①文書で長々と書かれたマニュアルは誰も見ないが、同じ解説を動画なら短時間で視聴できるので負担がな

 い

 ②動画で話す前にパワーポイントに整理する時、話す本人が一番勉強になる

 ③教育機会や会議で同じことを何回も言わなけれならない時、動画なら「これを見て」で済む

 ④YouTube動画にすれば、一度に多くのスタッフが視聴できる

 ⑤レターや文書ではなかなか伝えられない表現も「しゃべる」動画なら、伝えられる

 ⑥マニュアルや文書を皆に配布すると場所も取り、コピー代もバカにならないが、動画ならデータ保存で誰

  でもPCやスマホから視聴できる

 ⑦動画データだから何回も見る事で記憶もできるし、伝え間違いや記憶間違いを防げる

このように動画を使えば、様々なメリットがある訳です。

では、どういう事を動画化すれば、患者利用者や職員に具体的なメリットが生まれるでしょうか。

社会福祉法人の例を取って解説します。

 

2、リクルーティングビデオとして

これは、職員を採用する時、求職者が履歴書を送りたくなるような内容を解説します。

具体的には

 ①採用したい職種や業務の具体的な内容と求める経験やスキル

 ②法人の福利厚生や支援制度の魅力

 ③教育制度の中身

 ④人事賃金制度の訴求したいポイント

 ⑤先輩職員に声(動画で数名から1分話してももらう)

 ⑥職員をいかに大事にしているか、エピソード(経営者が語る)

こういう物を数分間、採用ページに貼付する事で、「求職者とのミスマッチ」を防ぎます。

 

3、家族通信ビデオ

入所の場合、毎月利用者家族宛に、請求書と共にレポートを出している施設もあります。

大きな変化がない場合、毎月同じような内容になってしまい、そのレポートを人数分書くスタッフの負担もかなり大きくなります。

そこで、家族向けのレポートも動画にして、数分だけ撮ります。

このメリットは

 ①利用者の生の声が聴ける

 ②利用者の出来事や変化が家族にも分かる

 ③職員も利用者と一緒に撮影されることで、「担当者も良い人だ」と分かってもらえる

 ④家族への要望も動画を通じて、提案できる(リアルなので家族も理解しやすい)

 ⑤スタッフもスマホでちょっと撮影するだけだから、レポート負担から解放される

この動画YouTube動画にして、利用者家族しか見られないようにします。

そして原本データは施設が保管します。

仮に利用者が亡くなった時も、葬儀でその動画の一部を、斎場で会葬者に見て貰う事も可能です。

 

4、介護相談に来た見込み客への丁寧な説明

はじめは何も分からず家族が相談にきます。

多くの施設では、内容の説明をパンフをもとに淡々と説明されます。

しかし、面談の後、その新規利用者見込み客に対して、家族の思いへの理解、家族や利用者が共に良い状態になる為の提案、今回の面談でのポイント整理を動画にして、メールにそのアドレスを貼り付けます。

完全個別のフォローですが、そういう家族ケアをすれば、「この施設なら安心しておばあちゃんを任せられる」と思われるのではないでしょうか。

 

5、施設PR動画

例えば、ホームページで栄養課が「献立や食事に写真計算」をしています。

プロ並みの写真なら、美味しそうに見えますが、素人が撮影したものは決して美味しそうではありません。

しかし、調理風景の一部、盛り付けの一部、それを笑いながら食事している動画を掲載したら、いかがでしょうか。

百の説明より効果的だと思いませんか。

 

6、ケアギバーへの啓発ビデオ

多くの施設では施設や介護の中身を中心としたホームページの構成です。

確かに利用者本位のサービスは大事ですし、選ばれる基準でしょう。

しかし、それと同時にケアギバー(家族の介護者)の心のフォローや大変さを分かってあげて、負担が少しでも少なる提案も重要です。

何故なら、最終的に施設を決めるのは多くの場合、家族ですから。

このビデオでは、「在宅介護でよくある出来事」をあるある事例として紹介し、それに対する家族負担が少ない対応策を説明します。

更に直接介護をする家族だけでなく、滅多にこれない遠くに住んでいる家族(主に介護者の兄弟)に対する対応策も指導します。

細かい事ですが、離れて住んでいる兄弟は、直接介護をしている兄弟に大変さを分かっていません。

だから、いかに大変かをビデオなどで紹介すると、それだけで直接介護のケアギバーは溜飲が下がるという物です。

 

7、差別化したいレクやサービスを動画撮影

どの施設にも「自施設のウリ」のサービスがあろうかと思います。

それレクの一環であれ、利用者満足度向上の為に取り組んでいる事であれ。

それを動画で撮影して、ホームページにアップします。

ただ解説するだけでなく、実際に行っている風景も撮り、視聴者に理解しやすいようにします。

 

このように動画を使えば、利用者や家族とのこれまでのコミュニケーションのスタイルが大きく変わります。

今当社でも複数に施設でこのような動画作成のプロデュースをしていますが、皆楽しんでやっています。

文書のマニュアルを作成する時に雰囲気は大きく違いますね。

アーカイブ

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012