• 0120-577-797

コンサルタント開業準備マニュアル(理念と指針)

ビジョン

多くのコンサルタント起業者が考えている「コンサルタント起業に必要な事」とは

1、おカネを払ってくれるクライアントの確保

2、具体的な専門ノウハウ・スキル

3、ホームページやSNSの準備

4、関係人脈づくり

5、事務所、パソコン、Fax、プリンターなどのハード

これらが大半だと思います。

 

現実面から言えば、その通りなんですが、コンサルタント事務所も一般の企業と同じです。

最初は遮二無二に頑張り、何とか軌道に乗ってくると、途端におかしくなる場合があります。

それは、創業当初は「ハード面」だけを考えてきたのに、それだけでは辻褄が合わない状況になるのです。

だから、創業時から「心構え」「思想」「何を大事にして経営するか」「コンサルタントとしての基本姿勢」などの「精神面」をしっかり整理し、それを「自分の理念や方針」として文字化することが必要になります。

 

実は、途中で挫折したコンサルタント起業者には、そういう事の重要性を分かってない方が多いように思います。

クライアントへのコンサルティングでは「経営理念が大事」なんて言っているくせに、自分の事務所には、それがないのです。

世間では、それを「医者の不養生」「紺屋の白袴」と言います。

 

私の経験からも、コンサルタント起業して自己矛盾を抑制できたのも、創業時にそれを文字化し、イメージし、貼り出し、ホームページにも書いたからだと思っています。

では、コンサルタント事務所においては、どんな思想や行動規範を文字化すべきでしょうか。

私は下記の3点を文字化しており、それをスタッフにも共有させて、コンサルタント仲間にも教えています。

1、経営理念…私の事務所の目指す価値観、永遠に到達できないが、死ぬまで追いかけたいイメージ

       理念は、分かりやすく短く語呂の良い表現が定着しやすいです。

       当社では「時代を診る 継栄を創造する」という事を旗印にしています。これの説明はホーム

       ページの会社概要に詳しく書いています。

       当社の経営理念とその掲載方法 https://re-keiei.com/company/corporate-identity.html

 

2、事務所経営基本指針…事務所戦略や収益に関する基本姿勢

      当社では21の基本方針として、「手を出すべきジャンル」「手を出さないジャンル」を決めてい

      ます。リスク分散を考え、商品別・地域別の守るべき比重(黄金比)も決めています。そして資

     金の貯め方や使い方の基準も。今でもこれをベースにしています。

 

3、コンサルタント指針…コンサルタントとして信頼され、長く続ける為の行動規範。

       当社の場合50の指針を設けています。この指針には専門性とか戦略的な事はほとんど入ってな 

       く、基本動作や習慣について記載しています。実は、長く続かないコンサルタントには、この

       行動規範が欠落している方が多いのも現実です。だから重要なんです。

       当社のコンサルタント指針です。https://re-keiei.com/company/consulting-policy.htm

4、求めるパートナー像…どういう思想や行動ができる仲間が当社の仲間なのかを整理

       仲間(パートナー)とは、社員も外注コンサルタントも入ります。当社が元請で請け負ったモ

       ノをある分野だけ専門家に外注する時、こんな外注先には2回目を依頼しないという事を明示し

       ています。1回目は分からないけど、1度一緒に仕事をすれば、2回目はないコンサルタントは結

       構いるものです。

 

5、中期ビジョン…5年後のコンサルタント事務所の姿。数値目標、戦略展開の中身

      中期ビジョンは年度ごとに見直しています。実際に当社でも3年前に思っていたビジョンと現実は

      相当かい離するケースもあります。中期ビジョンについては、次回USPづくりでご紹介します。

 

このように「思いを文字化」することで、自分の頭がいろいろ整理されます。

「そんな精神論でコンサルタントが飯を食えるか」

と思っている方もいるでしょうが、10年20年と続けるのは、やはり精神論ではないでしょうか。

アーカイブ

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012